生きる芸術。「世界の部族」のポートフォリオに圧倒される

「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように思える。けれどフォトグラファーのTrri Goldは、違うものではなく「同じもの」について語っているのだ。

「すべての文化は同じことを祝っている。出生、死、収穫、身内の集まり、そのスタイルは大きく違えど、共通のことを思って儀式を行なうのです」

5494b42b6bc487419f2e373122c286875b904632

The Omo Valley

A7a11caabfc9b61967131f634b7dfcf6bad663cf4cea83e39b83b663ef3a44b70f56dcf6d6e7e905

Nomads In Niger

154c0bbbfca6623b993b350b94f0efe727f723d7

Guizhou / 貴州

4df829b275c39deb5e161f88abd040bc1c681ac7

Racing With The Wind-Kham

06f02870d4d9c435b96c181cc71665ebaa73ff42

The OvaHimba

0721ffd8840953326740f009a1e42170a97f47ec

Namibia

E3fdf7d435efe27721ba4fa023e4180f291c881d57f5451f8d854f56f0a0b07179d75902a751f1f7

The Omo Valley

E6db992a0db1244cd305f04a581bb6b985078a20499dda4db5b0e01c9a3009015100f56d98cd1efe

Kenya

D75d89ec98ce07ade3e2f80e28194cd6debb3239D800ef1584e8a2725a674043c30c910ff064f8eb

Ladakh

作品は世界的に注目を浴びて出版され、数々の賞を受賞。展示会には、アフリカからのゲストを招き、ナイジェリア、スーダン、ケニア、カメルーンなどの文化を交流し合う場となった。

彼女のイベントは、世界に生きる部族の存在や美しさ、文化を広く伝えるだけでなく、収益は支援のためにも使われている。

Licensed material used with permission by Terri Gold World Imagery (@ttgold), Instagram
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
極寒の土地で生まれた織物や多様な民族が継承してきたデザインーー。それら独特の存在感を生かすため、世界にある伝統織物工房と提携して各地のテキスタイルをネクタ...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...