鳥の巣みたいなスウェーデンのお家。中は意外と広いんです。

これまでにも、さまざまな国の変わったお家や意外な場所にある建物を見てきた。例えば、巨大な岩の上や断崖絶壁に建てられたもの。でもそのほとんどは、何か硬いものに面していたり、柱があったりと、下に支えがあった。

でも、スウェーデンの建築会社「Manofactory」がつくったこの家は「そろそろユニークな建物は見飽きてきた」なんて人にも楽しんでもらえるのではないか。

7e406912bdffc650fe5ba7ea5165b6c20abf963c

「あれ、浮いてるの?」と一瞬目を疑ってしまった。

Af670aa4e2742237df65723034367ffe4327c34c

でも安心して。ちゃんと固定されている。

4eb8be1b701c9df7b0971a39f9d8162b2691d114

ちなみに中はこんな感じ。スタイリッシュで外からよりも広く見えるのだ。

なんでこんなところに
建てたの?

一番聞きたかった疑問を、プロジェクトに関わったMichel Silverstorm氏に投げかけてみた。

「今まで誰も考えたことがなかったような場所も使えるということを、目に見える形で伝えたかったんだ。特に、建物を建てるための土地が不足しているという、都会の状況を良くするためにね」

また一番苦労したところは「魅力的な建築物をつくりながらも、鉄骨の部分で費用がかかりすぎないようにすることだった」とか。

偶然から生まれた
ユニークな発想

「ある日、プロジェクトメンバーと別件でミーティングをしていたんだ。ちょうどその週、地元メディアが首都ストックホルムの住宅問題について、大きく扱っている記事がいくつか出ていたんだ。だから冗談っぽく僕はこう言った。『問題ない。ストックホルムの中心にだって家は何百と建てられる』ってね。でもそんなこと、メンバーは信じなかったからこうも言った。『簡単だよ。鳥の巣みたいに崖から吊るせばいいのさ』って。みんなで笑ったんだけど、話は進んでいって、今はほら、この通りだ」

頭に浮かんだアイデアを、そのまま現実にしてしまうなんて…。しかも街のためだってことを考えると、どこか愛着が湧いてきてしまう。

Licensed material used with permission by Moderna Trähus
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
まるで、ホログラムで虚空に映し出されたかのような幻想的な建物。そこに実体がないように錯覚してしまいますが、これはすべて、ワイヤーで組み立てられているのだそ...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...