ビール好きなら、死ぬまでに訪れたい「6つの聖地」

旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。

エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリーならではの1杯に巡り会えると、とても幸せな気持ちになれる。この快感は、ショッピングや絶景巡りなどでは決して味わえないものだ。

その土地でしかできない「体験」を求めた旅へシフトしつつある今日このごろ。ならば、ビールを巡る旅なんてどうだろうか。つまり、ビールを飲むことを旅の目的にしてしまうのだ。「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoも、そう唱える1人。

以下は、彼女が世界中からピックアップしたビールの聖地だ。中には王道ともいうべきスポットも混ざっているけれど、やっぱりビール好きだったら抑えておきたいでしょ!

#1
オクトーバーフェスト 
(ドイツ・ミュンヘン)

44a985f0d002bfaaca8e1054042202b00fd12515

秋の季節、ドイツのミュンヘンに出かけて、オクトーバーフェストでビールを飲むよりも素敵なことってある?

日常を抜け出して、世界で最大のカーニバルで乾杯(ドイツ語ではプルースト!)するためにビールグラスの準備をしましょう。

そこには、14棟ものビールテントがあり、あなたの身長くらいあるサイズのグラスに注がれるビールが注目をあびているはず。もちろん、ソーセージやプレッツェルやチョコレートで覆われたケバブをつまむことは忘れないでね。

あとは、自転車ツアーでドキドキする街並みにも繰り出すことにも挑戦してっ。

#2
ギネス・ストアハウス
(アイルランド・ダブリン)

あなたが、ダークビールの大ファンならダブリンにあるギネス・ストアハウスへ。

心と魂を込めて醸造されたお気に入りのビールを気軽に飲めるなんて、何ものにも代えがたい体験だから。

ストアハウスでのツアーが終わったら、7階へ。「グラビティー・バー」で、スムースなギネスを飲みながらダブリンが360度見渡せる景観を楽しみましょう。

#3
ハイネケン・エクスペリエンス 
(オランダ・アムステルダム)

淡い色のラガービールを求めるなら、アムステルダムを訪れる必要があるわね。かつてのハイネケン醸造所(現在では、博物館に改築)は、旅行を計画する際にはマストゴーなスポットよ。

#4
マクソリーズ・オールド・エール・ハウス 
(アメリカ・ニューヨーク)

ニューヨークの美しい摩天楼は、無限の可能性を秘めてる。バラエティーに富んだレストラン、バー、ビアガーデンは、すべてのグルメやビールラバーを満足させてくれるはず。

マクソリーズは、ニューヨークにある一番古いアイルランド居酒屋。場所は、イースト・ヴィレッジ。店内のおがくずの床、共有テーブルの友好的なバイブス、新聞記事で覆われた壁…とっても個性があるスポットなの。

さて、大事なことを決めないとね。注文するのは、ライトエール、それとも、ダークエール?

#5
ベルジャン・ブルーワーズ・ミュージアム 
(ベルギー・ブリュッセル)

Fb52b539d06daa63e74cd310acd9bae28b55160d

ブリュッセルは、間違いなく魅力的な都市よね。

ベルギーのビール探索ツアーでは、はじめに立ち寄るべきところ。この国は、すべてのビールが素晴らしくて、とても魅力的な旅先としてリストに加える価値があるわ。

ベルジャン・ブルーワーズ・ミュージアムでは、ベルギービールの優雅な伝統を要チェック。醸造法から、発酵樽や18世紀までの醸造所で使われていた道具も見学することができるから。

ツアー後は、ミュージアムのカフェでビールを楽しんで。じゃ、最後のスポットへ移るわよ。

#6
ストーンブルーイング・ワールドビストロ&ガーデンズ 
(アメリカ・サンディエゴ)

カリフォルニア中で、ビールを求めてロード・トリップを計画中なら、ストーンブルーイングは、絶対、最初に訪れて欲しい場所。

敷地内には、1エーカー(4,046平方メートル)の有機ビール農場、タップから注げばすぐに飲める特別なクラフトビール、素晴らしい料理、そして、ゲストが飲食できる素敵なオープンエアーの中庭まで用意されているんだからっ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
スコットランドのマイクロブルワリーBrew Dog(ブリュードッグ)といえば、「IPA」でもおなじみのビールメーカー。同社がオハイオ州コロンバスに、世界初...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...