質問:コレ、何の写真か分かりますか?

真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。

確かに日本でも、写真館でかしこまってポーズの路線から、ふたりならではのカジュアル路線へと徐々にシフトはしている。とはいえ、ここで紹介する海外のそれは、いくらなんでもやりすぎでしょ。だって、まともに顔すら写っていないじゃん!

#1

Db928c843aa4a76b69a84575c47af63f654e36d8

Photo by Tricia Victoria

#2

B67fb48b546736791b6fb92e99fac34af3b97eaa

Photo by Tjeerd Paul Jacobs

#3

B03066690befb30c7fc51444eb170cf1797b643a

Photo by Tin Martin

#4

1fa609739b80535161cd7c28c898d26cf3b7bffe

Photo by Jeff Hammond

#5

521f103b0caeda65b8cab6e480055572fe014c84

Photo by Ron Dillon

#6

2ce2e2960a343dff3495e2fd0dddaa80e8d13584

Photo by Samuel Goh

#7

9c90e815f9cc1940eb45ea259564266b2980bcad

Photo by Ruan Redelinghuys

#8

1e582ef023de5ad179df47a3741411bf15212cb1

Photo by Joel & Justyna

#9

9c664463cb61f708b6088740fc7c326e13d125a6

Photo by Miriam Ackroyd

#10

8c9df8bd533e429d131946669393f0d459742a45

Photo by Matrimoni All'italiana

#11

4dcf36af8c5dc58525cf739a6e851e924839e044

Photo by Katie Hoss

#12

C33d30a5d5636490b934b01bb5bc3d7b78e427fc

Photo by Los Ébano

これらは、Junebug Weddingというウエディング会社が主催するコンテストに、世界中から応募されたもので、正真正銘の婚約写真。どれもちゃんとしたカメラマンによって撮影されたものなのだ。5,000枚以上から選ばれた2017年トップ50から、さらにユニークだと感じたものを12枚ピックアップした。

日本人の尺度からは、んんっ?なものもあるけど、どの写真からも伝わってくるのは、ふたりの息がピッタリと合っていること。きっと、自分たちのベストな決定的瞬間に辿り着くために、時間をかけて話し合ったり、アイデアを仕組んだりしたんだろうな。

素晴らしい人生の“共犯者”を得た皆さん、末永くお幸せに!

Licensed material used with permission by Junebug Weddings
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
スマホサイズで情報伝達できてしまう功罪のひとつが、なんでもスワイプ、スクロールしてサクサク次の情報へと進んでしまうスピード感。必要な情報がないと分かれば、...
2016年3月、インターネットを通じて世界中を賑わせたこちらの写真。一体何人の女の子が写っていると思いますか?改めて見てみましょう。左から順番に見ていくと...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
偶然にも程があるでしょ。思わず呆れてしまうような珍事が…。一見何の事ないこの写真に注目!この違和感、伝わりますか?両肩をつまんで怪訝そうな顔で写真に映る彼...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
大事な命を授かって間もなくして、離れ離れに暮らすことになった夫婦。アメリカから約7,000マイル(約11,000km)先の日本に行く愛する人の無事を祈りな...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
夢中になってフィギュアで遊んでいた子ども時代を思い出させてくれる、そんな日本人フォトグラファーがいます。大阪で活動している「ホットケノービ」さん。彼の写真...
中央ヨーロッパ、四季折々の湖畔の風景を写した写真を紹介します。空気がピタッと止まったような静けさをきっと感じてもらえるはず。だけど、どこかに感じる違和感。...
よく東京ドーム何個とか、たたみ何畳とかの例えをされたところで、イマイチぴんと来ることがない。でも、ここに登場する「比較シリーズ」はひと目でそのサイズ感が伝...