質問:コレ、何の写真か分かりますか?

真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。

確かに日本でも、写真館でかしこまってポーズの路線から、ふたりならではのカジュアル路線へと徐々にシフトはしている。とはいえ、ここで紹介する海外のそれは、いくらなんでもやりすぎでしょ。だって、まともに顔すら写っていないじゃん!

#1

Db928c843aa4a76b69a84575c47af63f654e36d8

Photo by Tricia Victoria

#2

B67fb48b546736791b6fb92e99fac34af3b97eaa

Photo by Tjeerd Paul Jacobs

#3

B03066690befb30c7fc51444eb170cf1797b643a

Photo by Tin Martin

#4

1fa609739b80535161cd7c28c898d26cf3b7bffe

Photo by Jeff Hammond

#5

521f103b0caeda65b8cab6e480055572fe014c84

Photo by Ron Dillon

#6

2ce2e2960a343dff3495e2fd0dddaa80e8d13584

Photo by Samuel Goh

#7

9c90e815f9cc1940eb45ea259564266b2980bcad

Photo by Ruan Redelinghuys

#8

1e582ef023de5ad179df47a3741411bf15212cb1

Photo by Joel & Justyna

#9

9c664463cb61f708b6088740fc7c326e13d125a6

Photo by Miriam Ackroyd

#10

8c9df8bd533e429d131946669393f0d459742a45

Photo by Matrimoni All'italiana

#11

4dcf36af8c5dc58525cf739a6e851e924839e044

Photo by Katie Hoss

#12

C33d30a5d5636490b934b01bb5bc3d7b78e427fc

Photo by Los Ébano

これらは、Junebug Weddingというウエディング会社が主催するコンテストに、世界中から応募されたもので、正真正銘の婚約写真。どれもちゃんとしたカメラマンによって撮影されたものなのだ。5,000枚以上から選ばれた2017年トップ50から、さらにユニークだと感じたものを12枚ピックアップした。

日本人の尺度からは、んんっ?なものもあるけど、どの写真からも伝わってくるのは、ふたりの息がピッタリと合っていること。きっと、自分たちのベストな決定的瞬間に辿り着くために、時間をかけて話し合ったり、アイデアを仕組んだりしたんだろうな。

素晴らしい人生の“共犯者”を得た皆さん、末永くお幸せに!

Licensed material used with permission by Junebug Weddings
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
ある写真がネットを通じて世界中に拡散された。以前は「自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」というStephanieさん。そんな彼女...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
スマホサイズで情報伝達できてしまう功罪のひとつが、なんでもスワイプ、スクロールしてサクサク次の情報へと進んでしまうスピード感。必要な情報がないと分かれば、...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
2016年3月、インターネットを通じて世界中を賑わせたこちらの写真。一体何人の女の子が写っていると思いますか?改めて見てみましょう。左から順番に見ていくと...
大好きな人と、どこへ行くのも何をするのも一緒がいい。付き合っていたら、そう思うのは当たり前です。できるだけ同じ時間を過ごしてお互いを知って愛を育んでいきた...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...
偶然にも程があるでしょ。思わず呆れてしまうような珍事が…。一見何の事ないこの写真に注目!この違和感、伝わりますか?両肩をつまんで怪訝そうな顔で写真に映る彼...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...