このドレス、何からできていると思う?

色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか?実はこれ…

89dffe96b9ba3fc9cf4968e87bd232bebf4acfa4511c35ac27db7c54fa85554f697b11253be97699D95251e3acaf42ab40a2eae4518a680ad103d57cA7ff97821c3e6efdfbe2e11a7538568c889f4c38

…「お菓子の包み紙」なんです!

D379637519cc450f0748617b164cf6b9e7592a27

夫と出会うきっかけになった
「Starburst」でドレスを

Emilyさんと旦那さんとの出会いのきっかけは、「Starburst」というキャンディー。「Starburst」が大好きな旦那さんが、Emilyさんにお菓子を分けてくれたのが最初の出会いだったんだそう。そんな思い出の詰まった素材で、ドレスを作ることにしました。

5beb9cc5f7523841402de5dd41a30b4a31cf7b40

友達や家族の協力のもと、包み紙を集め続けること4年!まずは色分けをします。

16f6fc6d060cdb9d1bdafb63f4909feaa164aa4c

次に、1枚1枚アイロンをかけ…

220037a2055ebae20e55ed12fbc9e6e4d43fdd0c

伸縮性のある糸で縫い合わせ、鎖状にしていきます。

5e940a68a5a11ce25198c1ca898dd53c195c6568

最後はこの通り。

包み紙を集めるのに4年、製作に1年、計5年もの歳月をかけて完成させました。使った枚数は、少なくとも1万枚以上にのぼるそうです。

B5878007d03b380dc1cc1cdef9dae2093b553eed

このドレスは、2年前の結婚式でも会場に飾られたんだそうです。旦那さんとの甘い思い出がたっぷり詰まったこのドレスは、きっとふたりの門出を華やかに彩ったことでしょう。

Licensed material used with permission by Artistry and Upcycling by Emily Seilhamer
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられ...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
付き合い始めは何をしても楽しくてドキドキ。おしゃれして素敵なレストランに行ったり、公園で見つめ合い語り合うーー。それが今や、きれいな下着をつけているのが“...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。There's a scientific explana...