ラグビーNZ代表「オールブラックス」の臨時スタッフ募集!(6/5まで)

たとえ根っからのラグビーファンでなくとも、「オールブラックス」と聞くだけで、どこの国の話をしているかは分かるもの。だが、もしそれが(?)だったとしたら、今回ばかりは記事を閉じていただいても構わない。

なぜなら、これはラグビーを、オールブラックスを愛してやまないファンのために設けられた企画だから。ただの観戦ツアーなんかじゃない。世界一のフィフティーンと同じピッチに立つチャンスだ!

ファンだけに与えられたチャンス!
オールブラックスとともに過ごす3日間

15391aaf5277ff3311e2bb7448b9c43bb6d83d47

まずは詳細からチェック。

来る6/16(金)オークランドで行われる、ニュージーランド代表 vs サモア代表「マヌサモア」の一戦で、オールブラックスをサポートするボランティア・スタッフを本気で募集中

ニュージーランド航空が全面協力し、世界中どこからでもオークランドまでの航空券を提供。しかもスタッフ1名につき、家族や友人を3名まで同行可能というから太っ腹。さらには現地での宿泊先や、特注のユニフォームまで用意してくれるという。

これだけでも十分すぎる“オイシイ”企画。

だが、応募に際しヘッドコーチのスティーブ・ハンセンが「正真正銘のファン、ラグビーが大好きということをアピールしてほしい」と、念を押すのには訳がある。

試合前後の48時間を
チームに帯同しサポートする

前述したように、これはただのツアーではない。なぜならオールブラックスを全力サポートすることが最重要タスクだから。つまりはボランティアと言えど、試合の行われる16日をはさんだ前後48時間は、ひたすらチームの支援にあたる必要があるということ。

例えば選手とともにホテルに宿泊し、前日練習の準備を手伝い、メンバーとともに食事をする。試合前ミーティングは、ピリピリムードが漂ってたとしても不思議ではない。

もちろん試合当日もやることは多い。コーチボックス、サイドライン、さらにはベンチの準備を手伝いながら、サイドラインから試合を観戦する。ということは、つまり……キックオフ前の儀式、あの「ハカ」を誰よりも間近で見ることができる!

もちろんサモアだって負けてないだろう。こちらも「シヴァタウ」で試合へと挑む。仲間を鼓舞し、敵を威嚇する、両チームのウォークライ合戦は、間違いなくトリハダものだろう。

チャンスは2名でも、
最後まであきらめるな!

応募の締め切りは、日本時間の6/5(月)午後8時59分まで。ちなみに、ボランティア・スタッフは2名と、限りなくせまき門だ。それでも、2年後に自国開催が決定している日本人だからと選出されない理由はない。

応募はこちらから

我こそはというオールブラックスファン、いや、ラグビーファンならば、ノーサイドのホイッスルが響くまで、あきらめてなんていないはず。チャンスをつかめ!

Licensed material used with permission by ニュージーランド航空
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
ラグビーW杯イングランド大会、1次リーグ第3戦。日本は強敵サモアに26-5で快勝。初の1大会2勝を成し遂げると同時に、悲願のベスト8進出へ望みをつないだ。...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
この約5分間の映像は、特に都会暮らしの人に見てほしいもの。ハッキリ言って、現実逃避したくなること必至です。次々と映し出されるニュージーランドの自然を生かし...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...