LGBT夫が読み解く「台湾と同性婚」

先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という都市伝説から始まった。

いわゆる、我々ゲイ業界ではガチムチという類が覇権をとっていて、しっかりとした体つきの台湾人はとても魅力的だ。実際、ジェンダーに寛容なタイよりも、好みのタイプが多い台湾を好んだゲイもとても多かった。

そんな流れもあってからか、台湾のLGBTパレードに日本から参加する人も、年々増えていた。昨年度のパレード参加者は約6万人ほど。これは「Tokyo Rainbow Pride 2017」のパレード参加者が5,000人であるのに対して、12倍ほどの規模だ。

アジア初
台湾が同性婚を容認へ

Medium efa2e097a8c6d227c7aa55b0a9ff46378ce804ef

そんな台湾で、アジアで初めての同性婚が実現しそうだ。5月24日、台湾の司法最高機関が「同性同士の結婚を認めない民法は憲法に反する」という判決を下した。

インドネシアで同性間の性行為が罰されるなど、最近はネガティヴなニュースが立て続けにあった中、台湾の判断はアジアのLGBT界に光をもたらしたのではないか。

今回の判決の概要は、こうだ。

「同性愛者であれ異性愛者であれ、愛する人と一緒にいたいと思う気持ちは変わらないはず。婚姻は、人間の尊厳を守るために重要なこと。彼らが不利益を被らないよう、法を整備すべきだ」

台湾は2年以内に法改正をするか、新たな法律を作るかせねばならない。

今回の流れは、特にアジアの政府に対して、同性婚に関して改めて考えさせるものになるだろう。

日本に必要なのは
「当事者が声を上げること」

Medium 4803d7719696f553b8c5f6e754ae026bc831e131

日本にも、パートナーシップ制度は存在する。しかし、私自身この制度を利用していないし、少なくとも自分の周りにもいない。例えば渋谷区のパートナーシップ制度は、数万円を支払わないといけないなど、そのハードルはまだ高いのだ。

このように、日本でなかなか環境が整わない理由のひとつに、LGBTの当事者たちが実は無関心なことがあるように思う。たしかにLGBTに関する意見が飛び交うことはあるが、声が大きいのは当事者ではなく、いつも運動家なのだ。

しかし台湾では、一般の人が立ち上がって声を上げた。世界中の人が彼らを応援した。そんな後押しがあったからこそ今回の判断に繋がったのではないかと感じるのである。

しかし日本でも、少しずつ前向きな風が吹いている。今年のTokyo Rainbow Pride 2017は、来場者数が二日間で10万人を超え、過去最大のイベントとなった。個人的にも、今年は家族連れも多く、気軽に参加できるお祭りになってきたように感じた。そして何より、例年より圧倒的にアライ(LGBTの当事者ではないが、性的マイノリティを理解し支援する人)の力を感じた。

他にも、SUUMOがサイト内に同性カップル入居の可否を選択できる項目を作ったり、ドン・キホーテがそれぞれのジェンダーを気遣うトイレを設置したりなど、様々な形でジェンダーに関する見直しがなされている。私も、前向きな情報をもっと発信したいと思い、今年2月には同性結婚式を開いて各メディアに取り上げていただいた。

私たちLGBTにも、他の人と同じように幸せになる権利はあるべきだと思う。近い将来、台湾に続いて日本でも同性婚の見直しがされることを信じている。

6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。再建に向けて、こ...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
どこから見ても、ほとんど平面のイラスト。だけど、リュックとして背負え、バッグとして肩から下げられる。あの不思議な2Dバッグに新作が登場しました。カワイイ+...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
台湾のヘルシーな朝食、おかゆや豆漿(ドウジャン)はもう定番中の定番。ですがここへきて最近、健康意識の高い人たちや若い女性を中心に、朝のチョイスに変化がある...
途切れのない輪の形から、「永遠」の象徴とも言われている指輪。婚約指輪や結婚指輪はとりわけ、特別な意味を持ちますよね。完全な輪になっている指輪が多い中、オー...
台湾みやげの筆頭格といえば、「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」でしょう。素朴なクッキー地に爽やかなパイナップル餡が意外とハマるんですよね。あの味を自宅で簡単...