「チーム」の成果を上げる、シンプルな5つのメソッド。

仕事は、ひとりではできません。大きなプロジェクトになればなるほど、たくさんの人が関わるようになっていきます。

規模の大小はあれど、人をまとめる立場になる機会は誰にでも訪れます。いざその機会がやってきたとき、あなたはチームをまとめる自信がありますか?Peter Economyさんは「Inc.com」で、チームを成功に導くための5つの秘密を紹介していました。

一見どれも簡単なことのように思えますが、実践することが何より大事。まずは心がけから始めてみるといいかもしれません。

01.
チームの
「スタンダード」を決める

F09f207cb28e160ed699cceb24eb9ebf821cf6d7

お手本を示すのは、チームに「どうなってほしいか」を理解してもらう一番いい方法です。

時間を守る、責任感を持つ、締め切りを守る、協調性を持つなど、具体的なチームのスタンダードを決めましょう。

きっと、ひとりだけサボっているヒマなんかない、という空気が伝わるはずです。

02.
ミスは世界の終わりではないと
強調する

どんなに気をつけていても、ミスは起こるもの。実際の現場では、毎日がミスの連続です。リーダーの仕事は、そのミスがただのケアレスミスなのか、頻発する危険なミスなのかを判断すること。

頻発するミスの場合は、仕事のやり方自体に欠陥がある可能性があります。こうしたミスはチームが本当の能力を発揮できなくなるため、注意が必要です。

この2つをきちんと区別していれば、チームは失敗を恐れることもないし、常により良い仕事の方法を考えるようになるでしょう。

03.
成果は全体の前で褒める

92b3bd312089d68067313e59262c0811fd6d9b54

いい仕事をしたときには、チーム全体が「いい仕事をした」という実感を持つことが大切です。メンバーの誰かが成果を上げたなら、全体の前で褒めて実感を持たせましょう。

他のメンバーにも「いい仕事」のお手本を具体的に見せることができ、一石二鳥です。

04.
干渉しすぎない

こまめな報告を求めたり、進捗を頻繁に確認するなど、干渉しすぎはチームマネージメントの失敗に直結します。

細かすぎる指示を出されてやる気が出る人はそうそういません。やり慣れて、よくわかっている仕事のときはなおさらです。

クリアすべきタスクを提示したら、あとは放っておきましょう。メンバーがどんな方法でそのタスクをクリアするかまでは、管理する必要はないのです。

ある程度自由な環境を与えたほうが、人は能力を発揮します。過程よりも結果を重視しましょう。

05.
フィードバックをする

673b75e424da8c9859f6ed2a4b0dd80215c238c9

フィードバックは、仕事の最も重要なポイントです。

リーダーがフィードバックにきちんと時間を取ることで、チームのメンバーそれぞれの仕事に関心を持っている、ということを示すことができます。

もちろん、良かった点、悪かった点を伝えることで仕事の能率が上がっていくのは言うまでもないでしょう。

Licensed material used with permission by I heart intelligence
人望が厚いリーダーのもとでは、部下がやる気を持って仕事に取組み、プロジェクトが成功に導かれていきやすいです。どのような資質がリーダーに求められているのでし...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第3弾。今回のテーマは「リーダーシップ」。野球界と自動車業界それぞれの...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
どちらも、組織を率いる“長”であることには変わりありません。が、両者の本質は明らかに異なっているようです。その差は米メディア「WittyFeed」で紹介さ...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
会社や学校・あるいはスポーツのチーム、十分なコミュニケーションは取れているでしょうか?実はチームワークの生産性を上げるために最も大きな影響を与えるのは、「...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
今の仕事が嫌いだからといって適当にこなしていると、次につながるチャンスすら転がってきません。せっかく手に入れた仕事なのだから、できる範囲のことを全力でやっ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
弱みを克服することも大切ですが、もっと大事なのは、あなたの強みを最大限に活かすこと。たとえば、夢を賭けた過酷な競争で知られるアメリカの起業家たちの間では、...