このウェディングドレスの素材は、毎日使う「あの紙」です

エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられたウェディングドレスなんて想像すらしたこともなかった。

でも、バカバカしいと思うなかれ。そのクオリティの高さは本物にもひけをとらないレベル。めっちゃつくりこまれているのだ。今年で13年目を迎えるというのも納得できる。

これこそ、“カミワザ”

E2036fc13ed8385bb94b32d0cdaaf1fd04da49db9f688c567449a2983fe67ef6e05b2adaca7ae54d84bec87d20e8372df4ff6ed048cb67dcd532b54e

このコンテスト、突拍子もない思いつきかと思いきや、とてもしっかりしている。参加条件から、ルール、審査基準、そして、賞金までとじつに細かい部分まで厳格にルール化されているのだ。

25f8b58e1f3d1a6253ad166a291c11a33eb6b6b8

まず、参加条件は、「18歳以上」「アメリカ国籍」「コンテスト関係者以外」。残念ながら、今のところ日本からのエントリーはNGのようだ。

671180c44d5c84696eedf5c7b05cf9854a5ae04d9795334516bbb2b17be369ec977040f7c458d29a

次に、ルールだが、対象となるのは「ウェディングドレス」と「ヘッドピース」。この2つをトイレットペーパー、接着剤、テープ、そして針と糸のみで作らなければならない。これは、知恵と手先の器用さが求められそう。

2230fbc85068e78dcc94f0e5d27159a9a7f1011f

気になる審査基準をチェックしてみると「創造性」「独創性」「作品の出来栄え」とある。やはり、アイデア勝負といったところか。

D62ccc31c5f51ee80860718badee5ac941b8fbbe384ed46e1c31de7c0fd96a7b8899c2ae816eea6b3483b06f04cc08e7eeccd3f83bf760fcd844eb6c

最後に、賞金に関しては、1位は、10,000ドル(約110万円)、2位・3位は、それぞれ5,000ドル(約55万円)、2,500ドル(約27万5千円)。

また、トップ10までのドレスはニューヨークでのファイナルイベントでお披露目。ランウェイを使用した本格的なファッションショースタイルで、最終審査が行われるといった内容なのだ。

0d20bc2ade7388e6d6b227f9e2fbdbec0dae049d73b7b10111ee8a2aac85a821feb4dfcdcdc7f3c5

このコンテストの正式名称は、「The 2017 Toilet Paper Wedding Dress Contest」。今年度のエントリー期間は、4月4日から6月5日までなので、締め切りはもうすぐ。今頃、参加者それぞれが、ラストスパートにかかっているところだろうか。

それにしても、どうしても気になることがある。もしも、雨が降ったらドレスはどうなってしまうのだろう?あっ、スミマセン。水をさすようなことを言ってしまって。

Licensed material used with permission by Cheap-Chic-Weddings.com
美しいドレスですが、これ、「紙」でできているんです。タイトルは「World Brides」。ロシア人アーティストAsya Kozinaさんによる作品です。...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか...
イギリスのあるチャリティーショップに、匿名で寄付されたウェディングドレスが話題を呼んでいます。その理由とは?思わず涙!ドレスに付けられた感動的なメモ件のウ...
「紙」は、その存在を意識することがないほどに、私たちの暮らしのなかに浸透していますが、パソコンやスマートフォンが当たり前となった今、紙に触れることが少なく...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
言ってしまえば、ただのヒゲ面の男たち。それなのに、どんどん画面をスクロールさせ、先を急ぐ自分がいる。さあ、次はどんなヒゲだ?彼らは、テネシー州・ナッシュビ...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...