子どものためのリストバンド。大人もつい着けたくなる3つの理由。

あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助けたい、そんな風に思っているかも。

もしあなたが半信半疑でも、それを証明してくれるものがあります。「UNICEF」が始めたムーブメント、「キッズパワー」。リストバンドをつける事で参加できる簡単なもので、子どもたちが貧困で苦しむ他の国の子どもたちを助けるなど、大きく分けると良いことが3つもあるのです。

01.
リストバンドをつけて動くだけ
運動の促進にもつながる

Medium e2c58089f2a6bd8ba6961dff327be316df6f9dc4Medium fd20f039fc9fa0c262945d7c54c6876ccd0b3245

まず必要不可欠なのは、リストバンド。アメリカに住んでいれば、大型スーパーマーケットやオンラインで購入が可能。腕にはめるとあなたの動きを追い、歩数などを数えてくれます。歩いたり走ったりする単純なことではなく、バスケットボールやダンス、縄跳びでもいいのです。

そして同じように準備しなければいけないのが、同期するためのアプリ。楽しく続けてもらおうと、子どもがミッションをクリアしていく設定になっていて、パスポートのような役割を果たします。やればやるほど「旅」ができるのかもしれません。ワクワクしますね。 

02.
動くほど食料を届けるしくみで
子どもたちを助けられる

Medium d6edb10c2fe55a69d482dc27ab8b380c85050c1c

運動するとどのように人助けができるかというと、先程のリストバンド、実はポイントを貯めることもできるのです。ミッション(最初だけ無料で後は課金制)に参加して、10ポイント獲得すれば、「RUTF」と呼ばれる食料1包分を子どもに届けるという仕組みになっています。1ポイントは約2,400歩。これが多いと思うか少ないと思うかはその子次第。

Medium fd2b6ac488ed2f9291e0ae0c1b12c7bd549e844a

ちなみに配給される「RUTF」の見た目はこんな感じ。中に入っているのはエネルギーを多く含んだピーナッツペーストです。冷蔵することなく2年間もフレッシュなまま保存しておくことができるうえ食べる時に水を加える必要もなく、食糧危機に瀕している地域ではまさに「ミラクルフード」となるのです。

03.
孤独な挑戦じゃない!
仲間と頑張れる

Medium be39a80615ff45a0f2310ef73c221e6974853552

どんな挑戦でも1人でやるより一緒に取り組んでくれる仲間がいた方がいいですよね。実はこのムーブメント、色んなイベントを開催しています。子どもだけじゃなく家族も一緒に街中に集まってヨガをしたり、これまでスターウォーズとコラボした催し物もありました。ライトセーバーを使うキャラクターになりきって、ブンブン腕を振り回したり華麗なステップを踏んで運動。これなら子どもたちも飽きることなく、楽しく続けることができそう。

また、普段の行動範囲が狭まりがちな子どもたちも、学校や地域の外にいる同年代の子と関わることで、物事を見る視野が広がりそうな予感。

まだアメリカ国内にとどまっているこのムーブメント。今後は色んな国の子どもたちを巻き込んで、広まっていって欲しいものです。

Licensed material used with permission by UNICEF
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
「ToDoリストなんて、ロボットのためのシステムに等しい」、こう断言するのは、脱サラしてミレニアル世代に向けたコンサル会社を立ち上げた、起業家Daniel...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
楽器をもっとクールなものにしたい。そう感じたのは、ミュージシャンのBrockett Parsons氏。彼はレディー・ガガのキーボーディストをつとめるほどの...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
この「Jubilee Project」の動画は、計4組の子ども・シニアのペアが、Google検索数の多い4人について、どういう人物かを答えるというもの。突...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
2015年12月25日(金)、サッカー日本代表の本田圭佑が『ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA』にてイベントを開催。子どもたちと一緒...