奄美大島の魅力は、「泥染め」が語っていると言ってもいい。

GWに奄美大島を訪れた私は、次に行くときは絶対に持参しようと決めているものがある。それは、白のコンバースだ。

ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、魅力をあげたらキリがないけれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」は、マストでスケジュールに組み込んでおいて本当によかったと思う。

始まりは1300年前
「伝統より、伝説に近かった」

36fe35885f60ede2fe6e9092cda3e902d7eba17f

奄美の自然界に存在する泥田は、鉄分がすごく豊富であることが特徴。見ての通り、こうして泥に漬け込んで染色するのだけど、その前に重要な工程がある。

A70d4504d37b99e2b6a7cb29cdc2848953699f14

まずは島に自生するテーチ木(シャリンバイ)をチップ状にして煮出し、1週間発酵させたあとに、左から3番目の茶褐色になるまで煮汁で染める。

その工程を踏んだあと泥に入れることで、木に含まれるタンニン酸と鉄分が化合し、化学染料ではつくれない独特の渋みのある黒に染まっていくのだ。左から4番目が初めて泥に入れたときの色で、回数を重ねるごとに、右の濃い色になっていく。

島の大自然と、人の歴史によって生み出された技術だ。

00950b5ac401a708ca33b3f45ac5b9c607d16481
Photo by Teba Brown

好きなように模様をつけて染め終わったら、世界でひとつだけの作品の完成。もっと黒にしたい場合は回数を重ねてもいいし、テーチ木の色だけで染めたりと、配色はお好みで。

伝説は伝統となり、やがて
「楽しい」と愛され始める

De4e437f04c9d02df560c84e56fa165c93a8a3f7

奄美空港から市内に向かって車で25分、「肥後染色・夢しぼり」は昭和47年から泥染めを始め、2015年には、アパレルブランド「Teba Brown」も立ち上げている。

言い伝えによると、泥染めが生まれたのは1300年前らしいけれど、産業として盛んになったのは今から約50年前。「まさか、こんな若い人たちが体験したがるようになるなんてね〜」と、親方の肥後英機さんは楽しそうに笑う。爪まで泥染めされた彼の手は、バトンを繋ぐために、毎日ここに立ってきた歴史そのものだった。 

最近では実際に泥田まで行かず、大きなボウルの中で染める体験所も多いそう。けれど、夢しぼりでは寒い時期や雨でない場合は、実際に膝まで泥に浸かりながら染色を楽しむことができる。長靴や手袋、服が汚れないように上着も無料で貸してくれるから、手ぶらでOK!

06a779f2a734cdd04d8dc1eabddfd36cb244e5a2

完成したTシャツを広げて、母の日にプレゼントするんだ〜と伝えると、「そりゃいいや」と、私よりも嬉しそうに、シャツを眺めて写真に収めてくれた。

「昔はこんなふうにお土産になったり、若い人に体験してもらえるものになるとは思ってなかったんだけどね。この島がずっと大事にしてきた伝統だから、これからも多くの人に愛されるものになっていってほしい」。

泥染めと藍染め、
選べないならどっちも。

9b186d31fa258adbde98e89aba2949571658d39fE6643fa060969369ba09c504616f0269ccfac1d1
Photo by devadurga

夢しぼりでは、藍染めも一緒に体験できる。どちらかが選べないと言う人は、両方使って染めてみる、なんて贅沢も許されるのだ。シャツに黄色が入っているのは、もともと黄色いシャツを染めたから。白いTシャツ、トートバック、ストールなどの素材をその場で買うこともできるけれど、使いたい色のシャツや靴、帽子など持参したものも染めさせてくれる。

体験の直前に素材を買いに行けばいいや、と思うのは危険かも。なぜなら私は、「コンバース」を販売しているお店が遠すぎて断念したから。準備は、飛行機に乗り込む前に済ませよう。

染めるものが増えても、「体験料は一律3,000円」という太っ腹にも感謝したい(3つ以上になる場合は、事前に電話すると助かるそうです)。

奄美から、世界へ。

8bd81d8264c9b3e21e2e3314a091aeea5615411a

夢しぼりの親方が染めた洋服や雑貨を販売している「devadurg(デヴァドゥルガ)」が、2010年にオープンした。オーナーの島崎仁志さんは奄美出身で、自然でつくるアウトドア用品というコンセプトを大切にしている。

直営店が、奄美と新潟に2店舗。立ち上げてから7年たった今、全国に40店舗、海外2店舗におろし販売を展開をしている。都内では、東京ソラマチやダイバーシティ東京で、親方の染めた洋服を買うことができるというから驚きだ。

「縫製等は広島や秋田でバラバラだけど、全て日本製。今後は奄美でも縫製できるような環境づくりをし、メイドインジャパンならぬメイドイン奄美を実現したい」

奄美の人たちは、本当に地元のことを大切に思っている。島に大学がないことで、若い人がどんどん少なくなってしまうという深刻な問題を抱えながらも、「島興しは島戻しだ」と、文化や伝統を広めていくために活動している。

初めて訪れたのに、田舎に帰ってきたような優しいあたたかさをつくっているのは、島の人たちの愛情に他ならないのだろう。

肥後染色・夢しぼり
住所:鹿児島県大島郡龍郷町戸口2176
営業時間:9:00〜18:00
電話番号:0997-62-2679
定休日:不定休

devadurga
住所:鹿児島県奄美市名瀬伊津部町11-7
営業時間:11:00〜19:00
電話番号:0997-69-4800
定休日:水曜日

Licensed material used with permission by 肥後染色・夢しぼり, Teba Brown, devadurga
ブルース・ガードナーは、ニューメキシコ州アルバカーキにいる。どうやら究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねているようだ。きっかけはある人物...
テキスタイル・デザイナーとして活躍する氷室友里さんは、友人の結婚式前夜祭で、染め物のワークショップを開き、参加者みんなで作ったドレスを新婦にプレゼントした...
健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では...
「春」と聞いて、どんな色を思い浮かべますか?爽やかな空の色だったり、可愛らしいお花の色だったり。イメージは人それぞれではないでしょうか。メキシコのデザイナ...
智恵子は遠くを見ながら言ふ。阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が智恵子のほんとうの空だといふ。これは、高村光太郎の『智恵子抄』の中に収められた「あどけ...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
世界遺産に登録されてからというもの、日本人だけでなく、外国人観光客にも人気の富士山。たとえ一度も訪れたことがなくても、この山にスピリチュアルなものを感じて...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあり...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
現在の兵庫県姫路市・高砂市・加古川市にあたるこの地域で「高砂染」という染色技法が生まれた。最盛期には幕府・朝廷への献上品として重宝されたのだが、昭和初期に...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...