マイナーすぎる「世界の巨大モニュメント10選」。なかには日本の銅像も!

巨大なモニュメントっていえば、何が思い浮かぶ?

ニューヨークの自由の女神、カイロのスフィンクス、リオのキリスト像。普通は、そのあたりが頭に浮かんでくる。野球で例えるならメジャー級。観光で訪れたことがなくても、映画やガイドブックで頻繁に登場するから、知ってる人も多いはず。

そこで、今回は、あまり知られていないものにスポットをあててみた。それがこの「世界のどでかい裏モニュメント10選」。知名度からすればマイナー級ではあるが、どれもが異様な存在感を示している。リストの中には、なんと日本のものもあるので要チェック。

  #1 
関羽像
(中国・運城)

8b051fc0f62effe73b2acf5a22b24de327ce9608

#2
ワットムアンの大仏
(タイ・アントン)

6e2afded1cfc663651d08afd1a887bf1c2f719a9

#3
  仙台大観音 
(日本・仙台)

D66b488ac2a9d09a8025f1370145fcb0fadf9834

#4
マナドのキリスト像
(インドネシア・マナド)

329d2f8f8394dc4bd9a4b2d5799e90a0fdeeecaa

#5
レイチュンセッチャー大仏
(ミャンマー・モンユワ)

277b7e003a4866102e9024de6be8998385284783

#6
アフリカ・ルネサンスの像
(セネガル・ダカール)

7efc84b23755b3f9e49c6e1da55804c6c144932b

#7
ローヂナ・マーチ像
(ウクライナ・キエフ)

4641defffafb160e3554c200c73e46b9cc7b9536

#8
アタチュルクマスク
(トルコ・イズミル)

4f392d28d1d1b7a6f666798fc7e50ab1bffb3943

#9
キリスト像
(ポーランド・シフィエボジン)

E3c73d69b3c01f45ce1add8f315a22b1125932c3

#10
母なる祖国像
(ロシア・ボルゴグラード)

5a5a4ba3d2118a49f4942a4e84006f485d0fb466

見ての通り、人の姿のちっぽけなこと。その対比を考えると銅像の巨大さが、一発で理解できる。ちなみに、この中での高さトップ3は以下の通り。

1位 レイチュンセッチャー大仏 116メートル
2位 仙台大観音 100メートル
3位 ワットムアンの大仏 92メートル

ワットムアンの大仏は座っているにもかからわずだ。ちなみに、自由の女神は93メートル。もし対面したとしたら、そのどでかさにドッキリするだろうな。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/06/07 18:00)

Licensed material used with permission by Fabrice Fouillet
埼玉県には、知る人ぞ知る巨大施設が存在するって知ってましたか?「地下神殿」とも呼ばれており、海外からやってくる見学客も多い観光スポットなんです。神秘的な空...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
かつてイエスは、4人の漁師を弟子にする時に言いました。「今から後、あなたは人間を獲る漁師になる」と。そのうちのひとりは、のちの初代ローマ教皇。イエスの死後...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
アメリカと言えば? と問われれば、多く人が「自由の女神」と答えるに違いない。または「星条旗」とか。しかし、少数派かもしれないが、アメリカといえば「ROUT...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
今、アメリカで巨大な睾丸を模したボールを転がしアメリカを歩いて旅を続ける男性がいるようだ。海外メディアA+の記事「Man Raises Testicula...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...