ひとりの青年のアイデアが難民たちの「暮らし」に安心をもたらした

気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設置された仮設住居が崩壊した例も少なくないそうです。

こうした環境のなか、被害が一番少なかった住居が何で建てられていたと思いますか?この話を聞いたとき、『三匹の子ぶた』を思い出しました。童話のなかで三男の建てたレンガの家よりも、現実世界でさらに強かった素材。難民たちを最後まで守ったのは、テントでもレンガでもなく、私たちの身近にあるモノ。

あらゆる災害に強い素材は
意外なモノだった。

Medium a925e1a0ab54a88462f3bca44286fbf4634c7a6a

写真の青年は、アルジェリア出身のTateh Lehbib Breicaさん。大学生の頃に再生可能エネルギーに関して学んでいて、いつかその経験を活かしたいと思っていたそうです。

そんな折、彼のおばあちゃんが砂嵐の被害にあって大怪我。事なきを得たそうですが、嵐から祖母の命を守るため、彼は「ペットボトルハウス」を建てたそうです。

ペットボトルが建築資材という意外性、詳しく見て行きましょう。

これまで、難民キャンプの建物は、泥やセメントで固めたレンガの家で造られたものがほとんど。ただ、長期的に降る雨に耐えきれず、その多くは崩壊していったそうです。そこで Breicaさんのアイデア。耐水性のあるペットボトルは、そういった問題を解決へと導きました。

「埋め立てる」替わりに、
「埋め込む」というアイデア

Medium e56d585e4721379c7569757aa4eea7d34135a717Medium 7bd3210df1cc812601693714a0e793c34caa9f68

彼が目をつけたのは、すべてはゴミとして捨てられたもの。本来ならばそのまま埋め立てられる予定のペットボトルにワラと砂を詰めて強度を持たせ、1つずつ並べてセメントで塗り固めていきます。円形に積み重ねていくこの設計も暴風の抵抗を最小限に抑える工夫です。

何百年たっても分解されないというプラスチックのネガティブな特性を逆手にとって、耐久性にすぐれた家に仕上げる。Breicaさんのアイデアは、5つの難民キャンプで計25個のペットボトルハウス建築に役立てられているそうです。

雨風に強いだけでなくゴミ問題の改善につながる、一人の青年の発想があらゆる面で難民たちを救っているというストーリーを紹介しました。

Licensed material used with permission by 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...