この映画を観たら、あなたもきっとパリで迷子になりたくなるはず

主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドがじつにユニークだ。映画を観る前に知っておくとより作品を楽しめると思うので、周知の人もいるかもしれないが、念のために紹介しておく。

じつは、この夫婦、正真正銘の現役道化師。出会いは、パリにある「ジャック・ルコック国際演劇学校」。そこで、演劇について学んだ後、ベルギーやフランスを拠点に道化師としてのキャリアをスタートした。やがて、創作演技で世界各地を巡業して、その後、映画の世界へ足を踏み入れたという変わったキャリアを持つ。

2人の真骨頂は、道化師ならではの身体表現で魅せる作風にあり、ジャック・タチやバスター・キートンを思い起こさせる。劇中での不思議な動きやダンスシーンは、独創的なスタイルを生んでいる。 今回、長編4作目となる『ロスト・イン・パリ』は、世界の映画シーンで注目を集めている。

人生の本質に迫る
コメディ

Fb2dd8b4f0c5517a764bea1f5f9d2927b25d73dc

この作品全体を包むエッセンスは、コメディである。しかし、登場人物は決してハッピーではない。人生経験に乏しい女、ホームレスの男、そして、認知症を発症させた老婆。この3人が人生に迷いながら現実に立ち向かうというストーリー設定だ。

それにもかかわらず、スクリーンから悲壮感が微塵も伝わってこないのは、絶妙に仕掛けられた笑いのおかげ。

アベル&ゴードン曰く「この映画では、死、選択の自由、孤独や団結をテーマにして、本質的な物事を描くためにユーモアを利用した」とのこと。その結果、暗さや惨めさのない現代的なストーリー展開となっているのだ。

B53ea69bebdc04dee4ba5242e71e3064975c5accCa103841fa481be786ccf4457856f4703d641a27

思わず夏のパリを
訪れた気分に

本作品を明るくしているもう1つの要素は、夏の光が溢れるパリにある気がする。

実際にパリの街中で撮影された映像には、エッフェル塔、セーヌ川、パリの自由の女神といった名所だけではなく、古いアパルトマンや街角のカフェ、さらには、コインランドリーまでのリアルなパリの姿を確認することができる。それも、大きな見どころの1つ。

ときおり、強い日差しに照らされた街並、もしくは、どこまでも美しく輝くセーヌ川沿いの夜景、さらには、エッフェル塔から街全体を眺める朝焼けのシーンなどがスクリーンに登場すると、まるでパリに訪れた気分に浸れるだろう。

種明かしをすると野暮になるからやめておくが、ラストシーンでは思わずホロリとなってしまった。観終わった後は、きっとパリで迷子になりたくなるはず。

F0584620379e4007de4e51308b8d17da7802007073eaafa4209a01e81fe624065973ddac14afd8c811d80b24b2008d68f0be6c8edda54c03a45cbe0d8b5478461b97126dda99d6231133129d10723ec0

フィルムの細部にまで凝ったカラーリングは、まるで「飛び出す絵本」を思わせる。アベル&ゴードンのコミカルな動きはクセになること間違いなしだ。気になる人は、以下のトレーラーをチェックしてみよう。

『ロスト・イン・パリ』
2017年8月より渋谷ユ−ロスペースほか全国順次公開!公式サイトは、コチラ

©Courage mon amour-Moteur s'il vous plaît-CG Cinéma

Licensed material used with permission by ロスト・イン・パリ
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
秋も深まって人恋しい季節になってきましたが、ここで仕事にプライベートに悪天候気味のアナタに、少しの潤いをくれるであろう胸がキュンとする映画をお届け。主役の...