『La La Land』の名シーンを一筆書きで描かせてみた。

これはノルウェー在住のSergej Stopelさんによる作品の数々。

画像から推測すれば、ボールペンを使っているのだろう。絵の隅々まで、しっかりと濃淡がつけられていて、精巧に描かれている。

でも、よ〜く見てみると中心からグルグルっとなっていて、何か裏がありそうな予感。

ほとんど写真!ただ…
キニナル中心の「白い穴」

09b9d1a0038183e94f390be87052e94903d9dd27

映画『La La Land』の有名なワンシーン。

4050ea7f27de675b89b6ba67453619aeb79b3340

主演女優のエマ・ストーンや、

48b341eb547996f5573c9c0546c6e6eaa60216e4

主演男優のライアン・ゴズリング。

5cad619e9205554b2db66a53f96f67c8fa15e357

となると、こちらは…パ、パ、パンダ!?

C5fc53799a612245553acf2728f6923cc51a59d1

チャーリー・チャップリンから

6c9c18cd83aa8f5ff4fb7ffaa62ca1d9e36c067c

オードリー・ヘップバーンまで。

ペンを持っているのは
ロボットでした。

9fb343338833b3519986312e16f049ca8636dd28

これ、実はプログラミングをしたペンプロッタに一筆書きで描かせたもので、制作時間はわずか30分程度らしい。

『神奈川沖浪裏』をよ〜く見てほしい。心電図のような波で濃淡を表しているのが分かるでしょ。

8de31d510f9795b21c991841003c4abc6b212417

ちなみにSergejさんに写真を送れば、それを渦巻きの絵にしてくれるらしい。って、本人は描いてないか(笑)。最近、老眼を気にしはじめた父へのプレゼントに、こういうのいいかも。

Licensed material used with permission by Sergej Stopel, LinesLab
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
子どもの頃、「これ一筆で描ける?」なんて遊びをよくしたもの。見ているだけだと簡単そうでも、いざペンをもったら大間違い。単純な絵でもそこそこ難しいのに、こん...
一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では...
スターバックスの「ユニコーンフラペチーノ」や、台湾カフェZenの「バタフライピー」などなど。味だけでなく見て楽しめるカラフルな飲み物が、最近話題になってい...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
ハリウッドの西側に位置し、ビバリーヒルズのお隣にあるウエスト・ハリウッド。この地で紅茶を販売する『Pearl’s Finest Teas』から、青、紫、黄...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。現在、ロンドン...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
ソーシャルメディア全盛のいま、対面型のコミュニケーションの回数や時間は、いったいどれだけ減ったことだろう。誰かに話を聞いてもらうだけで、胸の内がすっと軽く...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...