いざという時に役立つ「ツールペン」。

僕がクリエイティブディレクターを務めているクラウドファンディングサイト『Makuake』で、今まさに話題となっているペンです。

名前は「mininch」。

コレ、ライティングツールではなく、ペン型マルチツールです。

仕組みはロケット鉛筆を想像してもらうとわかりやすいかも。

ペン本体にプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットが収納できるようになっており、背面からビットを押し込むことでビットを変えられるようになっています。

クリップ付きのほうは「ツールペンミニ」。22のビットがセットになっており、ペン本体には5つを収納できます。

六角形のほうは「ツールペン」。こちらは16ビットがセットで、本体には6ビットが入ります。

わかりやすく言えばペン型でモバイル性を高めた工具ですね。

だけど、この〈mininch〉はそれだけは語れません。

僕はまずアルミの削りだしの美しさに惚れました。

そして、手にしてみると、ズシリと重い。プラスチック製のペンにはない、金属のひんやりとした感触もリッチです。キャップの開閉時の“カチャッ”という音も気持ちいい。

 

ぶっちゃけ普段からペンケースに入れたり、胸ポケットにさして持ち歩いても、僕の生活の中では使うことはほとんどありません。でも、「いざという時に役立つ!」と言い訳しながら、結局持ち歩いています。

シンプルにプロダクトとしてカッコイイんですよね〜。

この感じ。

男性なら共感してくれると思います。

4eb9491e50fcbcd9f9661c6cdccfcb157e5695d3Ebe35ed2cdfcf369558764f8c85482fd7d63ece57fad1682aefc6070fe5cc3d2166d9d06b36a59ff5657234cd5d852c889610af34893aa3389b1bf0dE9e3645845bc962f72fd3a85c214077c92ef1b4dEb7371440b3c9e1c59badf5018c9180877d9100926574d54bc3e77901bb533cda54870e082fc1ffb

北原成憲/Makuake クリエイティブディレクター
日本最大のクラウドファンディングサービス「Makuake」にて、クリエイティブディレクターとして主に大手企業のクラウドファンディングプロジェクトをサポート。福岡県久留米市で60年以上続く板金加工工場に生まれ、小さい頃からモノづくりに興味を持つ。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
平日はBROMPTON、休日はSURLYのKarate Monkeyに乗ることが多いです。なので、タイヤを外すための15mmレンチは常にバッグに入れっぱな...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使えるーー。そう言っても過言ではない未来的なアイテムがコレ。使い方はカンタン。ペン尻を対象物に近づけて、ボタンを...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
多くの機能が詰まったマルチツール工具は、世にごまんとあります。さらにサイズも小さくなっていて、より便利に。それでも、わがままを承知で言わせてください。その...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
会議中や授業中にストレスを感じたり、ちょっと退屈していたり。そんなときにこのペンを使うと、集中して作業を続けることができると開発者はいう。ところが、正直言...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
年に何度か視察を兼ねてアメリカへ。向こうに滞在中は、1日に何店舗もまわって、とにかく食べる、食べる(笑)。そんな僕の旅の必需品が、整腸剤とこの洗剤です。正...
イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられ...
僕は、絵を描くのが苦手。小学生の頃から美術の時間がイヤだったし、評価もそれはそれは悲しいもの。まあ、それほど気にしていたわけじゃないんだけど、「もう少し上...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...