夜空とコラボした「満月の運び屋」。その舞台裏に潜入してみた。

なんとも不思議な作品である。まるで、人が満月を空に設置しているように見えるからだ。もちろん本物であるはずはないのだが、そうと分かっていても吸い寄せられてしまう魅力が確かにある。

今回は、特別にこの「Full Moon Service」という名の作品の舞台裏へ。出発点から最終ゴールまでの全プロセスがまとめられた動画を紹介してみたい。

では、幻想的な1枚が完成されるまでのドラマを覗いてみよう。

ひとり何役?マルチな活躍ぶり

F2d3f8b86f91cacf27f387a91cb119db3c073cbe

撮影者は、スウェーデン出身のフォトグラファーErik Johansson。自らが撮影した写真を自らの手で加工するといった職人気質な一面を持ち合わせている。フォトショップを自由自在に操り、自身がイメージした通りに写真を加工して、理想の表現へ近づける達人でもあるようだ。

でも、Erikの仕事は、それだけには収まらない。まずは、作品の出発点まで巻き戻ってみよう。

すべては、アイディアのスケッチから

Fa69e319d674d1263951491bac4c17aef7eb3b2d

小道具だって、自らが手づくり

93ac0b4aa9439cc8a842b247ded6e64911f79156

ロケ先では、自らが「満月」のチェック

Ddc1ec7d191fda6fc2a50deae3bd74a0f190d737

そして、自らが小道具の最終テスト

7b86fab4bdd5907f97cc94945dc94f74a7648ca3

モデルの配置後、画角のチェックも

06415a57dc3191adaf918900170c230079c3bd32

仕上げは、スモークを焚くディレクションをして

41f809266ceefd2cffed5b2a3e400ae0721b295a

ようやく撮影開始!

67f23a9b00f07e4977ce76b1417592920f6d2a95

1枚に費やされたのは「8ヶ月」

Bbc716ba57752d7fd60c675186384951dacc051f

撮影までのプロセスを追うだけでも、随分と時間がかかっていることが分かる。

でも、Erikにしてみれば、腕の見せどころはここからなのだ。フォトショップを使ってのリタッチは、彼の十八番。被写体の一つひとつを補正したり、写真を合成したりと様々な加工をしていく。

最終の仕上げまでは、想像以上の作業工程が存在していたのだ。じつに、1枚に費やされた期間は、8ヶ月とのこと。Erikの労を惜しまない心構えにプロフェッショナル魂を感じた。

動画では描かれていない部分までつっこみたくなって、Erikに直接コンタクトをとってみた。以下は、そのやりとり。

Q:月をモチーフにしたきっかけは?

A:夜空を見上げることが大好きなんだ。ある日、月にはいろんな表情があることに気づいてさ。なら、もっとシュールな方法で、月を撮影しようって思ったんだ。それが、月を置き換えてしまうという『フルムーン・サービス』だったんだ。

Q:この作品を通して伝えたかったことは?

A:こだわったのは、雰囲気づくりと撮影場所。そして、「もしもこんな世界があったなら」という遊び心さ。おとぎ話や別世界へと開かれた窓をこしらえるつもりで挑戦したんだ。これを見て、人々が夢を見てくれると嬉しいよ。

そうか。やっぱり、クリエイティブな作品づくりに欠かせないのは、遊び心なんだな。明確なビジョンも、強い意志も、とことん楽しんでやろうとする遊び心。これが、揃った時に、クリエイティブの女神は微笑んでくれるのだろう。

ではでは、ついに動画へ。これまで紹介したErikのマルチぶりだけでなく、写真への真摯な情熱も伝わってくるはずだから。

Licensed material used with permission by Erik Johansson, (Instagram), (Facebook)
月が美しい季節です。太陽のひかりの時間が短くなると、月灯りが広がり、穏やかで長い夜がはじまります。月は、私たちのこころを、静かに内省に導いてくれる存在です...
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
「国立天文台」によれば、本日6月20日(月)は満月。そして夏至が近いこの時期は月の高度が低いので、夕日の影響で月が赤く(琥珀)に見える現象が起きます。これ...
初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!
今年のクリスマスには、満月の夜が訪れます。「The Weather Channel」によれば、これは1977年以来38年ぶりのこと。しかも、次に見えるのは...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
何じゃそりゃ!とツッコミを入れたそこのあなた。マンガ大賞2016にもノミネートされ、音楽好きの間で超絶話題になっていた作品『とんかつDJアゲ太郎』を知って...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
8月8日は満月で、"部分月食"を観測することが出来る日です。日本で観察できるのは、2015年4月4日以来2年ぶり!「国立天文台」によると、月が欠け始めるの...
外でゆっくりと風を感じながら一杯。なんていうのが心地いい季節になりましたね。そして、9月は1年の中でも最も美しい月が眺められるチャンス!しかも2日連続でい...
お空にぽっかり浮かんだ、お月様。その上でぐっすりおやすみなさい…それこそおとぎ話のような体験。「Full Moon Odyssey」は満月型のフロアピロー...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
ここはベトナムの首都ハノイ。自転車の前後に色とりどりの花やフルーツを乗せた商人たちは、この街ならではの風景のひとつでしょう。以下の写真は、そんな“カラフル...
移ろいゆく街の風景を収めたタイムラプスムービーは数多い。でも、ここで紹介する『Wonder Endlessly』は、「自然」に焦点が当てられています。アメ...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...