「絶景よりも体験」な旅人にオススメしたい目的地

どうせお金と時間をかけて旅に行くなら、風景写真を撮って終わりました、なんていうのはちょっと寂しい。時間が限られている中でも、何かを習得したいと思っている人は少なくないはず。

そこで、旅をもっと意義深いものにしたいあなたへ、「Elite Daily」の記事を紹介。ライターAlexandra Stricklerさんによると、「Visit.org」は、地域のコミュニティーに関われるツアーを提供しているとのこと。その中でも、彼女がこの夏オススメする6つの目的地がこちら。

01.
フランスで、藻からコスメを作る
ワークショップに参加

19fbb5fc2468a34f5e39bccf31fa34eb0275ba48

フランス・ブルターニュにある美しいビーチは過去数年で、有毒な藻の被害をうけました。沿岸部は、今も普及が必要な状態にあります。そんな地域を掃除して守るための活動に取り組んでいる非営利団体の「Vit’Algues」は、藻からナチュラルコスメを作る方法を学べる、ビューティーワークショップを開催しているんです。

「藻」なんて聞こえが良くないのはわかっていますが、あなたのセルフケアの質を高めてくれますよ。ワークショップの収益はすべて、沿岸整備に使われ、さらに同じように支援が必要な場所へ送られます。

02.
「移民の料理教室」で
NYの異文化をサポート

D7010974881b2cd33863e6a549c811d70ab78409

ニューヨークでは、あなたもまだ知らない料理のことを「The League of Kitchens」が教えてくれます。この団体を通して、自国の伝統料理を作ってくれる移民と出会うことができるのです。家に招待してくれて、美味しい料理を振る舞ってくれます。そして、そこでする会話はもっと楽しいはず。お互いに違う文化を学べて、もちろんお腹は満たされる。

料理教室で得たお金はすべて、さらなる異文化体験に向けて投資され、他にも料理を教えたいと願う移民をサポートするための費用にもなります。

03.
ギリシャでは自然と繋がれる
トレッキングに行こう

13005b9b1ecd96306317008864007025ebd1f8aa

環境危機は世界的な問題です。そして特に、ギリシャのカラモス島やカストス島に大きな影響が出ています。近年このエリアのエコシステムは、企業が自然を破壊するため、とてつもない困難に直面しています。

カラモス島やカストス島があるイオニア諸島を探検するツアーでは、古い森や牧場を歩いてたり、目がくらむほど美しい海を見たりすることができます。ツアーは、2つの島の持続可能な発達を目指して行われるもので、生態系の多様性を蘇らせるためにサポートする意味でも行われているのです。

04.
メキシコ文化を知るなら
チョコレートツアーに参戦

52c5e809f5f6a5b9483d3450fe4c5df0c6f30c9c

まず、チョコレートツアーと聞いて、行きたくないという人はいないでしょう。

このツアーでは職人がつくるチョコを味わうことができます。実際に作ったり、サンプルを食べるんです。 メキシコのチアパス州の文化にある、チョコの重要性について学ぶことができます。

05.
モロッコの料理教室は
女性の自立のためのもの

3e01aa28ad4dc29006fa3eb90013742c8373cb53

モロッコでは、舌なめずりするほど美味しいデザートを作って食べると、現地の女性が経済的に自立するためのサポートにつなげられるのです。

「Association Feminine El Khir」は、女性に料理の作りかたや、カフェをオープンさせたい人たちのために、企業プロジェクトへの取り組み方を教えています。参加すると、海が一望できる屋上テラスで絶品料理を味わえますよ。

06.
エディンバラでは
変わったガイドが待っている

69dddda79fbce6028cccd4e3e3d54fa251870552

貧困を乗り越えたスコットランドの女性たちの話を聞きながら、街を散策するツアーに参加してみてください。「Invisible Edinburgh」は、実際のホームレスの人たちがガイドとして案内してくれるようコーディネートしてくれて、言うまでもなく普通とは違う目線で街を知ることができます。もちろん、団体の収益は、ホームレスのガイドさんのサポート資金となるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
これから向かおうとしている観光地の混雑状況、気になりますよね?場合によっては、目的地を変更したほうが満足度が高まることだってあるでしょう。でも、それって一...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
旅先での出会いは、人生における貴重な体験であり、旅する醍醐味のひとつ。現地の人のやさしさにふれることができたのなら、それだけで旅は「最高の思い出」になる。...
北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があった。
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...