寝る時間を惜しんでまで、ワークアウトしたくなる「客室」

この部屋に泊まったら一睡もできそうにない。というのが、週5でジムに通う僕の正直な感想。

普通に考えれば、ホテルの客室で鍛えようと思っても、腕立て、腹筋くらいなもの。ところが、アメリカのヒルトン・ホテル&リゾーツが先月、こんなリリースを打ち出しました。これはキニナル!

ホテルなのに
くつろぐ暇がない!?

なんでも、ワークアウト専用の客室を新たにつくったというのです。簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズが備えられた客室(Five feet to Fitness)。これ、要するにベッドとフィットネスジムの距離間を、ぐぐっと5フィートに縮めちゃったってこと。

では、実際にどんなマシンが揃ってて、どこを鍛えられると思います?

ヨガマットの貸し出しがあったり、エアロバイク付きの客室というなら想像がつくはずです。でもそれだけじゃありません。ここからは、実際にワークアウトをしに、この部屋に宿泊している気分で紹介していきたいと思います。

54b5411f80d1820a9aa6f725c93dda6ff59eecc8

まず始めに必要なのは、怪我を予防するための準備運動。備え付けのヨガマットを使って、ヨガやストレッチで筋肉をほぐしていきます。

関節の可動域を広げておくことで、トレーニングの効果が高まるからです。

■サンドベル■

【スクワット時の下半身、握力強化などに】

Ac65e7e4037b423749d81868f7697f586f9fe2d6

ご存知のとおり(鍛えていれば)、筋トレをするなら大きい筋肉から鍛えるというのが定石。そこで、サンドベルを使った下半身のトレーニングに打ち込む。左右に振りながらスクワットをすることで、より負荷がかけられるんですよね。

■TRX■

【上半身の強化、体幹を鍛えるのにも有効】

5e104f7ebe5c960324d96c5219e663cd2d2e17dd

おお、TRXまでデフォルトですか!

誰でも簡単にトレーニングができ、日本でも知名度が急上昇。これを使って体幹を鍛えることもできるんですよね。広背筋、大胸筋など、上半身を徹底的に追い込んでみたい!

■メディシンボール■

【おもに腹筋のパンプアップに】

80e10fbd4b53b298e5c1139c9f4133a5d97319df

そして、定番メディシンボール

僕のオススメは腹筋をする体勢になって、これを左右に振るロシアンツイスト。腹直筋・腹斜筋の両方を鍛えられますよ。

■WATTBIKE■

【有酸素運動に】

F7ca046ca1861afe5163095145f92ff4e06af92a

ハードなワークアウトの最後は、やっぱり有酸素運動でしょう。プロ仕様のWATTBIKE」ならば、いつものエアロバイクよりも心肺器官をいじめてくれるはず。

ハードワークをサポートする
充実のアメニティ

65d24b37803f95053a13df2bb36578b08476657f

ここまで色々と紹介しましたが、運動の仕方が分からない人のためには、200種類以上のトレーニングガイドがみれるキオスク端末が付いています

7a7c87a2ec559ffdbdaf3f2810d21cc681bae7b3

また、ミニバーだってこの通り。ワークアウト中に欠かせない水分補給は、当然スポーツドリンクで。個人的には運動後のケアとして用意されているプロテイン飲料がツボ。

最後は、ストレッチポールやバランスボードを使って、ようやくのんびりストレッチができます。

運動後は、ベッドにダイブ

ここまで運動をして、ようやく安心してぐっすり眠れるんじゃないでしょうか。間違いなく、寝つきも良くなるはず。

現在、この部屋を利用できるのはサンフランシスコとワシントンDC近郊のマクリーンのみですが、シカゴ・ラスベガス・ニューヨークにも展開予定とのこと。となると、日本にこの客室が登場するまで、あとどのくらい待たないといけないんだろう…。

自分を徹底的に“追い込むための部屋”、正直どのくらいのニーズがあるかは分かりません。でも、それでもです。僕もそうですが、もうワークアウトが日課って人、意外とアナタの周りにも増えてきているんじゃないですか?

気になる人は「Hilton」のホームページへ。

Licensed material used with permission by Hilton
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけ...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
かつては理想の腹筋といえば「シックスパック」のイメージでしたが、ここ最近は縦に割れた「アブクラックス」が、美しい腹筋の新基準として注目されています。「アブ...
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...