パリ・セーヌ川沿いの風景を時計にしてみたら…

……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。

このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示しているのか、慣れるまで時間はかかりますが、ひとたびそれが理解できたら、時計を“読む”のが楽しくなりそうです。

では、問題です。

これ、何時だかわかります?

3a911d1ddd39acdac72e28dbf6ddbc2cb103d5b9

正解は……「15:34」
でも、ナゼ?

建物1階部分にあたる窓を「1」、2段目は「2」、3段目は「4」、4段目は「8」を表しています。それぞれの窓の明かりを縦の列で足すことで、時間が分かるという仕組み。この計算式、「二進法」のロジックだとか。

いまいちまだモヤモヤしている人、これならどうでしょう。数字が入っているとより理解しやすいはず。

B3b589349c2fa8b2f626bc4fe8863cf668ee8ca0

つまり、ここでは「21:57」ということに。

E3e1b2061761eaa0d6161908430d978c1422790c

ではもう一度、実物と見比べながら計算しましょう。明かりが灯っている窓を、前述の二進法にあてはめて時間を導き出すと……16:48!

8ea4ca584b1f991984b67a3e32263187bb25730d

自分だけにしか解けない暗号のような気が。それにしても、本当に誰かがそこで生活しているようにも見えるから不思議です。

パリの街明かりが
アイデアをくれた

562e763637e3737cfdd659983e0298fd4ae8d1cb

さて、デザイナーでありエンジニアのLucasさんによると、セーヌ川のほとりに建ち並ぶアパルトマンにアイデアを見出したそう。夜のとばりが下りたあと、あるじが帰宅し、ポッとまばらにともる窓の明かりを見たとき、きっと「これは使える!」と閃いたんでしょうね。

じつを言うと彼、発明家でもあるんです。それにしても、単に建物を9階建てにするんじゃなく、二進法で時間を表したあたり、思いつかないなぁ。

E9088a784efc6e13fffa04e56c34a577fcd53c56

「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこの時計、正式には「The City Clockと言うそうですが、アイデアマンの発明品に世の人たちはどれだけ出資したと思います?最終的に目標額の4倍に到達だというから驚き。

さりげな〜く時間を知らせてくれる時計、「いま何時かわかる?」なんて、誰かに自慢したくなりました。

Licensed material used with permission by La Fabrique DIY
穏やかな週末を過ごす人々が行き交うパリで、セーヌ川に突然打ち上げられた「クジラの死骸」。その生々しさに、街にどよめきが起こりました。クジラの周りでは、防護...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
川の印象が、起きたらなぜか鮮明に残っている。夢の中に出てくる川は、人生や運命を暗示します。川べりや川面の状態、登場人物などによって、あなたへのメッセージは...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
米フロリダ州のウィーキーワッチー川で、スタンドアップパドル(以下SUP)を楽しむ二人のカップル、TylerさんとLaurenさん。彼らはこの日、とても珍し...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
このボート、明らかに攻めすぎ!岩肌と岩肌の間をスレスレに通り抜ける映像は見てるだけでスリルです。でもこれ、ニュージーランド・オタゴ地方で実際に体験できるア...
2014年に中目黒で開催されたイルミネーション「青の洞窟」が、現在、舞台を渋谷に移して復活中。では、“本家”目黒川はどうなるの?そう思っていたみなさんへ朗...