人生に悩んだとき、「表題だけ」読んでください。

想像してみてください。

もしも、うまくいかないことがあったとき、落ち込んでいるとき、自暴自棄になっているとき、悲嘆にくれるとき、誰も信用できない気分のとき…通りがかりの本屋に立ち寄ったとします。

あなたが手に取りたいと思う本の表題には、どんな言葉が添えられているでしょう。不安定な心に穏やかさを取り戻し、人生のヒントがつかめるような、奮い立つメッセージがイメージできますか?

大切なのは、中身よりもその印象
#01

B0eaae63611674358dcb6c3597883b585d600f34

『アナタがとうに忘れた「夢」のすべて』

#02

2ae6386edce94f11188958240683270b671a9ad5

『結局、最後はいかにオモシロいことができるか』

#03

Bb56713520eab8bef242a630c855f8bff1b42825

『どこへ何の目的でいくかなんて、考えなくていい』

#04

Dfbd6c6c4d6697ceeab0f106bd5f590a37e8f339

『言い争いをすべてパフォーマンス・アートにしてしまう方法』

#05

Fe1a7f9c232f994f0939ad93a5d93c6735fd4c1f

『イヤなことでも目を背けない。けれど翌朝にはすべて忘れてしまおう』

#06

7b390ff62f38e1db74668d106e7a7989d66ff1eb

『自分を許すための目覚め方』

#07

4ca60548ef7dac7ff09f8246169fae24a96e4aa9

『いかにして“鈍い少年”を演じるか』

#08

3565b33467b058256499a279549231107ce55525

『“虚しさ”に立ち向かうための仕事術』

#09

3ed5c33f452d298f2b4d6b73303eea5d81c1f2d6

『自分のことを気にかけてくれない人たち。第1集』

#10

0e7b743f3c9a0c3f209b3ce7c095c1fb17715c4f

『現実逃避のすべて』

#11

30a56ba39d29b5694b6defc3b5e30ec267cd09b6

『一瞬で台無しにして、やり直す方法』

#12

A6d20b0f26f3236b8dc2e0583003055726da4c0d

 『リラックスした状態で、毎晩自分にフシギな話をする方法』

#13

21753271cfd0bd483eadeb435abcf3eacc0ec9bc

『いかにして、本来あるべき自分へとシフトするか』

#14

52eaf41ced4b766d64a49bcacde52d166dd753ad

『バカのすすめ』

#15

66d894071c1309cfb9232d8e0092c73f5bb759d0

『なぜ、他人の夢を叶えるための貴重な時間を費やすことが重要なのか』

#16

8c925a9e9878a856d26ea2d03eb51fa4db924c79

『I don't know ──真実を知らない人のための真実の物語』

#17

24225da92704cc5ecbdbb6c18ac046a69648ac76

『どこにも行けない人のためのフィールドガイド』

#18

6f8d12b02e84d6006af41f12445aedd06b2dd284

『他人の愛しかた、愛されかた』

#19

9ce9b1dc31e86d346e1a3f6ef9c9dd1e98863173

『キツツキのユウウツ』

#20

C1c1bc4ca3c7ee132af8a8a02475942160f03404

『人生の本質を知ってしまう前に、いかにして楽しむべきか』

#21

Fb5a41dcb070a3881eea52f32f4abe766c9be3d1

『何も得られないと分かっていても期待し続ける方法』

誰かの心に寄りそう
「セルフヘルプ」な表題

ここに紹介した本は、現実にはどれも存在しない架空のもの。なぜなら、50年近く前の本やノートの表紙に、タイトルだけを描いた作品だから。でも、たとえ内容がまったく別物でも、本のページがすべて白紙だったとしても、表題だけで誰かのキモチに寄り添うことができるのではないか…。

コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士(サイコセラピスト)としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理、恐れを具現化するプロジェクトを続けています。

生きていく上でのさまざまなトラブルや、悩みを抱えた人が、専門家の助けを借りずとも、自分(あるいは当事者)で解決していく。これを「セルフヘルプ」と呼びます。自分の問題としっかり向き合い、状況を打開していくための“ともしび”に、これらのタイトルが一助となる、Johanの狙いはそこです。

それにつけても、いかに世の中に悩める人の多いことか。

Licensed material used with permission by Johan Deckmann, (Instagram)
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
「楽しい人生にしたい」と思ってはいても、一度落ち込んでしまったらなかなかその状態から抜け出すのは難しいものです。そんなふうに人生にもがき苦しんでいるときは...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
「嫌なことから逃げるのは、恥ずかしい」。そう思って我慢し続けるのはつらくありませんか?じつは何かから逃げることは、「自立して、自分と向き合うこと」でもある...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
 ヒッピーと聞くと、かなりワイルドで自由奔放なイメージがありますが、どんな存在なんですか?第二次世界大戦後のアメリカは、戦争経験者が作った保守的な社会でし...
「あなたの人生の目的は何ですか?何のために生きていますか?」そんなことを急に聞かれても、すぐに答えられる人は多くないでしょう。以前「Discover Yo...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...