アラビアのコメディアンが「No Woman, No Cry」をカバーしたらどうなった?

音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」

今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=ボブ・マーリーの「No Woman, No Cry」です。

もう数え切れないほどたくさんのアーティストにカバーされている大名曲ですが、とりわけフージーズによるカバーはボブ・マーリーへの尽きない愛とリスペクトが満載。時代を超えて魂の交流を果たすような、温かなヴァイブスとミュージシャンシップに胸がじ〜んと熱くなります(MVにはボブ・マーリー本人の映像も!)。

アラビアで生まれ変わった
「No Woman, No Cry」

で、サウジアラビアのコメディアン、ヒシャム・ファギーさんがカバーしたのは、「No Woman, No Cry」ならぬ、「No Woman, No Drive」(いや、実際には「替え歌」という方が正確かも)。

これ、ただの替え歌じゃないんです。女性の運転が(宗教勅令的に)禁じられているサウジアラビアの戒律を風刺するような内容で、それをユーモラスに表現することで、世界の人々にこの問題とサウジアラビア人のウィットを伝えたかったそう。

動画冒頭にインタビューがあって、「私はアーティストであり社会活動家だ。音楽はあんまり聴かないが、アメリカで勉強していたときに聴いたジャマイカ人のこの曲にインスパイアされた」などと語り、楽器を使わずにアカペラで歌いだすという意外な展開に。

「才能溢れる友人たちに手伝ってもらって歌います」とも言ってますが、ど〜見てもこれ、ひとり多重録音ですよね…(これぞアラビアンジョーク!?)。

オリジナルもご堪能あれ!

Reference:TheFugeesVEVO
Reference:Alaa Wardi
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
Oasis不朽の名曲「Rock ‘n’ Roll Star」をカバーして話題となっているKero Kero Bonito(ケロケロボニト)。7月に日本デビ...
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
女性の社会進出では、日本より何歩も先を行くイメージの欧米だって、まだまだ男性社会のようで。そこを嘆いてばかりはいられない、とSarah Cooperさんは...
ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
2年連続でグラミー賞を受賞しているアメリカのアカペラグループ「ペンタトニックス」って知っていますか?ダンサブルな曲をカバーすることで知られていて、ライブで...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
「NO」と言うことは、簡単そうに見えて、意外と難しいものです。空気を読むことが得意と言われる日本人ですが、裏を返せばイヤなことでも受け入れてしまったり、現...
「ペンギン系女子」という言葉を聞いたことはありますか?簡単に言えば、空を飛べない自分を素直に受け入れ、その短所を補うための努力する。言い換えれば、自然体で...
子どもの頃はわからなかった、大人の世界。いつの間にかそっちのほうが当たり前になり、大人ならではの悩みに共感するようになってくるものです。UKを拠点に活動し...
女性としては、好きだからこそしてしまう質問ばかり。でも、男性にとっては答えるのも面倒くさい…。彼氏がいる人はもちろん、いない人にも見てもらいたい記事です。...
「モノに溢れた豊かさは、本当の意味での幸せではない」。父の死を乗り越えるため、自分への試練を課したライターAssya Barrette氏。200日の経験か...