逆立ちしても思いもつかない、アーティストならではの「調理」方法。

外メシでぼくらが「いただきま〜す!」なんて言ってる間に、このアーティストだけは他人と違った角度で、食べものと対峙してきたのかもしれない。もしかしたら、市場やマーケットで肉や野菜を手にしているときから、もう発想が降りてきていたとしても不思議じゃない。

まさか…そうきますか!

C044b67f46c96f18fbab88af9ba3d75ecfd93c19E15d0102d166bc91c2b0a661ef3e87e6785503abB12a0f4c7aab84799094bec8a5caabbd706527fe

そう見えるのか〜

5403f29f4e850bf721f3ff6aa43c92050726c035Fa80df8d3a4581c1a94cf270624e4580fd5802d266fd64317507953e765ae873c716e4e65ab246b6

分からなくはない。

34b9bbb546e4fd25bf64a7eefec361996b7f61deA2fb05a0fbee525a50de99ae2fbcc47419d5ee20Fd0fcd69e574486593c53ed199031b90044e4e1d

ソコに使う?

D8acadb5494d94d1c9dcdcfb726829d47d1be35f501eafdab2727b3ec94674837b634a21a31fc9ef99dd5909d3f2a1492bd53bf9a623b57fba3d8505F0a654cac2a5843d2af4cbe3711fc66e1eb8cab8899141e087cd1b943de6acc89c95382ce6651bf8

食べすぎて、怠けちゃった

6de1a0e248dbcec503bc36620ac42ce40e47e8527d6f526ab23324514910bd983f455bc2b8f1d166714949d2f09e633dbe8a433ffbcd8f4b0f998444F90930838da3891c9e8406a82c93619fa032a59d43d01294258dbbd798657bbbca31527488e0542191613c814c3187bf705963c4413984e14d3f8c9c494a698438fb3acc48efea4eb925e274340fb4db

違和感……ないわ…。

675dd65db95c8541dbb7433bc77b0d0361cb3c10B5ed8cbeeec30613713835b1e1b424272a07141aBfda57689130d4877ef8174740683ce6112abfc02e640287daba7fead980d79abc69420b4b9ee6b80734eebe118fcefdf24fb437b0c9c5a554c4ca5dB32eba69dabace54175355684acdc972e3df4eac

ツボ抑えてるなぁ。

3c47cafc163123aa940dc925221fd316e7db6b4a8ce8c425b0e490ab1e960ff670051679b0c00e62D3d9d289f880ce24671195e3fb3765609c1c43cd9e83e9dd23a5fcf525ae197b2e807c15b1ee7bb234c41818707c77be3e55a678a7925091211ddda4

これは分かる気がする

51c06f4f51d10962f62ce1b1249c75608f2a065aB5417e57833558e3eb96abc9fbdb22b8f415e36e

想像力の源泉は、
当たり前を疑ってかかること

アーティストDiego Cusanoは言う。

「日々、朝起きてから目に入ったモノを、昨日と違う角度で見えないか?と考えるようにしているんだ。正直ルーティンとして、同じ毎日を繰り返すことはしたくないからね。

このマインドセットを続けているうちに、いつの間にか、誰も想像しないコトを生み出せるようになったのかな」

グレイト!

Licensed material used with permission by Diego Cusano
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。インドのムンバイを拠点にプロダク...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいもの...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...