どんなに暑い日でも、絶対に食べたくない「アイスキャンディー」

暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。

台湾の大学生グループ「100%純污水製冰所」が作ったこれは、なんとなく漢字からも推測してもらえる通り、汚染された水から作られました。それも100%下水で。中身さえ知らなければ舐めてしまいそうなものから、つい「きもちわる…」と言ってしまうものまで、一部紹介します。

レベル1
「へぇ下水なんだ」
(全然いけるじゃん)

E7df0338c2842738fd2c8372edcd17fe6e87d654A9bcdcb8d467f5076a26da5b4588976e43e9b23f34e872e2fb65675e0199b901bebc1f842f4c6c38C8d67c8c174d75e18016b248be732354199b6b73

レベル2
「うわっビニール入ってる」
(危なくなってきた予感…)

A35a031cf14066933864288d305aa8790d0398c8Ad49d72125d54755c7a3702bd484c54610871619C736469fc0f794aa3bd4a85443a7704221918da022c1d2288344e7581b38c9c2d12f0c910267ef46

レベルMAX
「完全に食欲なくなった…」
(もう見たくない)

764f65e08af5c011a15ecffc0421b3cbf3d604993e0d529f0bc7408b64b53fa77236ac4dee8aebffA0b4a11d319b8e56fc1652ada27250e9fb617a2c730837a32288321628b6b8307ea97410cba981dc

クリエイティブ×環境問題
汚染の状況を訴える

A64cc530c93aeef50f85763c7f7be73f1afdcd6b

もちろん、これらのアイスキャンディーは食べ物じゃありません。国立台湾芸術大学の学生グループがつくったアート作品で、材料の下水は国内100カ所から集められました。それぞれに可愛いパッケージも用意され、かなりの力の入れようです。

彼らはただ作っていただけではなく、「どれだけ水が汚染されているかという現実を認識してもらい、綺麗にすることの大切さを伝えたかった」というのです。台北で展示会も行われ、海外メディアもこのネタを取り上げるなど、注目が集まっています。

Licensed material used with permission by 100%純污水製冰所
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
表参道から外苑前へと抜ける裏通りの路地を歩いていると、この看板が目に飛び込んでくる。「GOMAYA KUKI」、ここはごまの老舗が手がける、ごまアイスの専...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
「そりゃそうなる」だろうよ、とオチは当然わかっていても、なぜだか気になって仕方ないアイスの溶け方。固体から次第に溶けて液体状になるまでをマクロ撮影し、淡々...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
「The Toe of Satan」は、hellfireと呼ばれるチリを使用。その辛さは、じつにハラペーニョの900倍なんだとか。ここまで辛いとなると、も...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...