違いの分かる「わんこ」。今日も絵画をジーッと鑑賞中

ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。

なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞する動画がInstagramで人気となり、飼い主である実力派アーティスト、Julia S. Powellさんの作品の人気もウナギ上り。2017年4月中旬、Juliaが日本より帰国した頃から、エラは彼女の絵を見始めるようになったという。

エラが私の絵を見てたの。
何か言いたそうに…。

作業場に入ると、ちょうど私の絵を見つめていて『本当にこれで完成なの?』とでも言いたそうな顔して、こっちを見たの。私のわんこ、エラは悩める芸術評論家みたいね。

え、2日連続で?

どういうこと!?
2日続けて起きるなんてありえない!

絵を描いてる途中で、自分の作品を写真に撮ろうと思って外に出たら、エラが私の絵を見つめていたの。なんでだろう? って考えてみたわ。

【原因1】昨日と今日、私は青と緑を多く使って絵を描いたんだけど、もしかしたらその色に反応している。
【原因2】昨日と今日は同じメーカーのキャンバスを使用しているから、その匂いが気になっている。
【原因3】うちの子はすごく賢くて、何かが見えたのかも。彼女はいつか私を美術部門の著書で、NYT(ニューヨークタイムズ)のベストセラー賞を取らせてくれて、有名にしてくれるのかも。

ねぇ、どう思う? 他になんかある?

3日目

彼女は明らかに、青と緑の水の絵が好き(赤やオレンジには全然興味がなくて、私の描いた白い木にも興味を示さなかったわ)。ふざけて彼女にメガネをかけさせたら、4秒だけ絵を見てあくびをした。

それからは嫌がって、自分で外しちゃった。

4日目

有名になってきたから、思わずオシャレをさせてみちゃった。

【最新の実験】私は自分の裏庭に4枚の絵を並べて、彼女がどれを気に入るか試したの。たぶん、灰色っぽい青と緑の水の絵を選んだことは驚かないけど、なぜか、私がメガネとスカーフをつけたら、ちゃんと選べなくなっちゃって助けを求める様な感じだった(ビデオの最後のほう)。彼女が振り返って私を見たとき、笑い過ぎて携帯を落としちゃった!その後また、絵を見始めたわ。これがいつまで続くか分からないけど、すごく面白い。犬って本当に不思議。

揺るぎない、5日目

エラは私のほうを向き、歩いているのを見てはため息をつきますが、また絵を見始めます。私は初めて純粋に疑問を持ちました。彼女は本当に絵が見たくて見ているのでしょうか? それとも、これが私の好きな仕事なのを知っていて、頻繁に見ているだけなのでしょうか?

地元のニュースに出ちゃった!

この放送を見てほしいの!

その様子がすごく面白かったから、今日は投稿しなきゃって思ったの。放送は昨日の夜だったんだけど、今朝、エラにその映像を見せようとしたのに、この通りエラは全然見てなかったの。唯一彼女が反応したのは男の子と言われた瞬間だけ。でも、その後また横になって寝ちゃった。なぜだか分からないけど、これだけ保証する。エラはテレビに出ようが出まいが、どんなときも変わらずいつもどおりのエラなの。

9897b2c538308c0597173f9e0cbae45b006f0c16
Licensed material used with permission by Julia Powell, (Instagram), (Google+)
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
絵の前に立って、ポーズをとり、撮影して、そこで初めて完成する絵画。参加型のインスタレーションは多いけど、参加者の手によって成り立つ作品は珍しいと思います。...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
日本人として知ってて当然のはずの両者の違い。言うまでもなくこの2つの原材料は同じもの。では、どこで「たらこ」と「明太子」を見分けるか?ちゃんと説明できます...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
とあるギャラリーに飾られた、いくつかの絵画。その中に猿を描いた作品があります。すると突然、額の裏から“こびと”が出現。それに気づいた猿が急に動き出し、彼ら...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...