人間同士の「絆を探す広告」が、NYにはあった。

出会い系アプリや友達作りアプリが溢れる現代。特にロマンティックな一夜のためのインスタントな人間関係みたいなものは、言ってしまえば以前よりもずっと「お手軽」になったように思える。でもそれだけでは生きていけないのは、やっぱり人間の性なのか。

そんななか、NYから「人間クレイグリスト」が誕生。これは、「完全プラトニック」が絶対的なルールとなっている。性的関係やその場しのぎのヒマ潰し相手ではなく、人と人との関係形成を目的としているのだそう。

十人十色の「求人広告」

Dbf216ebb7384bc37384cbd82d07c70ed0948898

経験豊富なヨガ・インストラクターです。ヨガ仲間・生徒募集。1~2週間に1回。体の硬い人、ストレスのある人、単純に興味のある人、大歓迎。

678901b01c5cdc2478aee0b3c13d795c982952cd

70歳だけど、よく若いって言われる。旅行が好きだ。セックスパートナーは断じて求めてないよ。一緒に出かける人が欲しい。ユーモアのセンスは絶対にないとね!年齢不問。

A93f417a8843933a3f7824f684baf93602445bcf

33歳女性。禅に興味あり。同じく瞑想とかに興味があって、一緒にお寺に行ってくれる友達、募集中。

241771271c107e505ac260a883fa36b592faf729

Black Lives MatterやLGBTの権利、そのほか社会的なトピックについて話し合える人募集中。誰でも歓迎。きっと有意義な時間になるはずだよ。

F6bd1c71a065ebe172158673a17250f66d81ac6f

ヒマなのよ!お見舞いに来てくれる人、募集。車椅子を押してくれる必要はナシ。私の奢りで、コーヒーショップでお話ししましょう。誰でも歓迎(嘘つき、反カトリックなどは除く)。

06ffb3aac48666561266edbdf7d95f3f8f595aca

多くの国を旅して、たくさんの人の悩みや問題に耳を傾けてきました。1時間90ドルで話聞きます。オプションで優しく抱きしめ可能。

F895dab3937093eaa50cd812b53adb20258d52bb

一緒に作業してくれる人募集。僕はライターでアーティストなんだけど、誰か他の作業をしてる人と一緒にいた方が集中できるって気づいたんだ。カフェとか公園とか図書館、どこでもいいけど、僕の隣で作業してくれる人、連絡ください。

「誰もが匿名」の街で
一人ひとりを可視化する

これらの求人、実はフォトグラファーの Peter Garritanoさんの「Seeking」というシリーズ。一緒に遊ぶ人探しから、お金をとって話を聞くもの、逆に「奢るので話そう」というものまで広告は様々。写真もその人らしさが出るように工夫を凝らして撮られている。

多種多様な人間で溢れ返る都会では、誰もが異質のもの同士で、誰もが匿名。人混みのなかで孤独を感じてしまう原因には、お互いを「知らない」人として背景にしてしまうという点がある。自分の選んだコミュニティで、自分の選んだ人と付き合いをもつ。その一歩として街の人々を「可視化」するのに、この広告は間違いなく一役買っていることだろう。

Licensed material used with permission by Peter Garritano
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
人間はさまざまな理由により、他の人を信じられない人間不信に陥ってしまうことがあります。きっかけは些細なことから、とても重大なことまでさまざまですが、人を信...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...