火も電気も使わない、屋外での料理が楽しくなるエコクッカー

キャンプ場や河原など、屋外で食べるゴハンの美味しさったらない。でも、BBQとなるとそれなりに人数を集めていくものだし、子どもがいると火の扱いにも気をつかう。

そこで、こんなクッカーを紹介しよう。一人で気軽に、安全に屋外料理を楽しめるはず。

太陽熱を利用する
エコクッカー

D5bcb61602cb9d951a8a8be21d8ed8c84d7fcb3857ed721818ec7c1d788257e76b27a98803b26b87

この「SolSource Sport」は、太陽熱を利用して鍋やフライパンを温め、調理できるクッカー。真ん中に光が集まるように、反射板の角度を計算して作られている。サイズ的にも、上の写真の通り、一人で十分楽しめそう。

5bd3b0407757507381b7eee3dfd2c196ba566e2d0713711978e2842084380b67c453dd7a4ea6e66f

晴れの日であれば、たった10分で280℃まで上がるらしい。とはいえ、もし反射板に触ってしまっても、熱くならないような加工をしてあるので火傷の心配はないのだとか。

3a90dd8d0337b3633e86b101fea5c44061f1125d

従来のものは炭やガス、電気を使っていたけれど、これはそういったものは一切いらないエコフレンドリーな製品。火を使わないから、誰かが番をする必要もなし。料理が出来上がるまで、テント内でごゆるりと。

コンパクトに折りたためて
持ち運びもラクラク

84a3b328367a1a13f442c3d15d456b20266b0acbFb8d78b4aebb74af1e6958e36f7a14bf35889e68

見た目はそこそこ大きな印象を受けますが、バックパックに入るレベルにまで分解可能。3分あれば組み立てできるそう。

B89276903f1d64ad3bf7f203c28233b9e33f352a78471e76803c355720d66d6645d93a874a4a2e54

現在「KICKSTARTER」にて、クラウドファンディング中。149ドル(約16,000円)から購入できる。

Licensed material used with permission by One Earth Designs
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
青く綺麗な海は見るだけで癒されるものですが、そんな海ばかりではないはず。どこからともなく海岸に打ち上げられたゴミがあるところもあり、そんな光景を見ると思わ...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
ユーザー数400万人を誇るサイエンス系YouTubeチャンネル「Veritasium」が紹介する便利ハックに面白いものを見つけました。それは、原始的な「火...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
地上200メートルのビルでキャンプができるようになるーー。そんなわくわくするコンセプトが発表されました。環境に応じて中の温度を調節してくれる、セイルボート...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
「Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 毎年、北海に面したドイツ...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
2016年から8月11日が祝日になりました。何の日?山の日!「内閣府ホームページ」には、その趣旨として、こんな文言が掲載されています。「山に親しむ機会を得...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...