機械による「静かな侵略」は、すでに始まっている。

生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。

私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、共存してきました。それらがさらに新しい仕事を生み、生産性をあげ、人々の生活水準を上げてきてくれたと言ってもいいでしょう。

240302b64dc4cb4d264502a121ba4bc584f32408

では、昔の「自動化」の発展と、今の「自動化」の発展はどう違うのか?

その歴史を紐解きながら、私たちの生きる現代、そして近い将来を予想した「Kurzgesagt」の動画を見ていきましょう。

まずは、
簡単に振り返ってみよう。

私たち人類はその長い歴史の中で、労働や仕事の変貌と共に、進化してきました。

0b6e3cc1ea0b69661f26d491ff458eef414dd1e90a314982213976ffff47f71e7b16abef32ca271e

肉体労働の農業から始まり、産業革命による機械化された生産。

075a449a3d9b3b29e63b9ee41f4aca95855a496d920b9a91addcd9c146a42095e2faa88fa3a8bfcb

そしてサービス業に発展し、今は情報化の時代へとなりました。

このように、技術の進化における「機械の自動化」によって、新たな働き口や働き方が見出され、人々の生活も豊かになっていったのです。

では、今の技術革新はどうなのか?

確かに情報化の進歩は、私たちの生活に革新的な利便性を見出してくれました。ですが、昔の革新のように新たな働き口や働き方ができたかと言えば、むしろ奪っているのではないでしょうか。

仕事の数が反比例していく。

10525df39da1a5221a4fbfbec9d61fe9b0a95cc1

たとえば2004年の「ブロックバスター社」は、84,000人の社員がいて約60億ドルの利益を得ましたが、2016年の「Netflix社」は、4,500人の社員で90億ドルの利益を得ています。

つまり自動化の進歩により、社員数が少なくても利益を得られるビジネスモデルが増え、人口が増えているにも関わらず、仕事の数が反比例して減少していると言えます。

C2653f00e8236c82476f7cec680488c0089dcc35

この状況が加速すると、当然「無職の人」が増えてしまうことが予測されます。

たとえばアメリカでのデータによると、生産性が40%も上がり、1,000以上もの新事業が増え、4,000万人も人口が増えているにも関わらず、労働時間は1998年から変わっていない、ということも判明。

またこれらは、世界で起こっている一例でしかありません。

これは、人類が掘った
「墓穴」なのか?

453f50120e810013a38c63cfded1a4a51860a588

すでに、機械による静かな侵略は始まっていると言えます。工場などのライン生産が「自動化」になったのも、そのひとつです。

ですが、機械による「自動化」だけでは、複雑で専門性の高いクリエイティブな作業はできません。でも、それは今の段階での話。学習アルゴリズムがパターンやタスクを学び、また新たなアルゴリズムが作られるように、進化は止まらないでしょう。

Bddc7cd18c7b9073e62a8a3ebf551a372ad909a7

…ということは、私たちが機械に仕事を教えていること自体、ある意味で墓穴を掘っている、とも言えるのかも?

どんな未来が予想されるの?

5b703cd4d5caf1dc46043a0cb9757094df6761d5

これから予想されるのは、大きな格差問題が起きるかもしれない、ということ。

たとえば私たちの経済は、「消費」によってさまざまな影響が出ますが、もし多くの人が仕事に就けなくなると、「消費」自体が、ごく一部のお金持ちにしか流れなくなります。

またさらにごく一部の、機械を操るスーパー富裕層」によって支配されることだってありえるかもしれません。

988fbdabd81ca55f2de2977de2981615f4a94786

一方で、情報化社会と自動化が社会に変革をもたらし、「貧困を無くすことに繋がる」という可能性もあります。

要するに、この危機は一時的なもので、本来は将来性のあることなのかもしれない、という意見も。

それは今後私たちにとって、「機械と情報と、どのように共存していけるのか」という課題も残しているのです。

B4d1fa37349ce5c7e19550ae8880e2082f4c8793

この問題は学問の垣根を超え、様々な専門家や研究者たちが議論しています。たとえば、MITの教授で経済学者のDavid Autor氏も2016年に「自動化で人間の仕事はなくなるのか?」というテーマで、TEDトークも発表しています。

Will Robots Take My Job?」というサーチサイトで自分の業種を入力すると、近い将来、どのくらいの確率で機械がその仕事を奪うのか、そしてどれほどの人々が職を失うのか、といったデータも参照できますよ。

Licensed material used with permission by Kurzgesagt
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
アメリカのシンクタンクの意識調査によると、約7割以上の人たちが進む「自動化」によって働き口が減ると危惧しているようですが、実際自分の職種・職業・業界に影響...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
優秀な人材を見極めなければ!とは言うものの、ぶっちゃけ一緒に働いてみるまでわかりませんというのが本音かも。ハイヤリングに関する様々な方法論を書いた著書もあ...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
「猫の手も借りたい…」これは、小さい子どもを世話するお母さんなら、一度は口にする言葉。でもどうしてでしょうか?Esther Andersonさんが、娘のE...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...