「ピンク」は女性だけのものじゃない。男女平等を色で訴える男性たち

ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?

1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです。反対に、ブルーは優しく静かである色として、女性を表すものでした。

現代では女の子の象徴になってしまったようにも思えるこの色を、あえてヘアカラーに使うことで、社会にメッセージを投げかけている男性がNYにいます。

Whose colour is PINK?
ピンクは誰のもの?

F12fee388ecd99f2eff02638182b07512c75ce542976a98f137ca6e32b99d577ce07e35dfbff3dcf8d9431287420bbc4eac73f8984032b070fd86cf5

この活動を始めたDonna Stevensさんは、昔から男女平等でない社会に疑問を持っていたと言います。

本来は、女性の権利を主張する人々のことを「フェミニスト」と呼ぶにも関わらず、その言葉は反男性を表すイデオロギーとして使われるようになったり、気の強い女性の象徴だ、と男性に嫌悪感を抱かれるようになってしまいました。

こうした現状に対し、自らを「ニューフェミニスト」と呼び、女性の活動を支援したいと思っている男性がいること、男女平等を願うことに性別の壁は要らないということをアピールしています。

ピンク色を使っているのは、フェミニストの定義と同様、時代と共に女性を表すイメージに変わってしまったモノだから。

326f821fe0ee4555041053ea5dc6b2d9d98f1289381f841056dce825786fe14c559b1e38ed0c04e24e367629eed98ef14ec800e395709a2100d21c6fD6b68988e1c287cb380f092b47ae3a283ca7957f5cd6b0b2f88904ad6e929cc6ec500513f856b1618b2b9a9c02eb466a96c7f6fc84f764a0ffc5ceacA0d2d20b29b9bf1f5f2524355772b45bf4c99c85

この活動は高く評価され、NYとワシントンDCで女性の権利を求めるデモを行った際には、大統領就任式よりも多くの人が参加し、男性率が過去最高だったそう。

Donnaさんは2児の息子を持つ父親。平等な社会を築いていくために、男性のあるべき姿を伝えていきたいと語っています。

Licensed material used with permission by © IMP Features/ Donna Stevens
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
男女平等や女性の社会的権利を訴える方法を考えると、まず思い浮かぶのは「デモ」に参加すること。その他といえば、イラストや写真を使って表現するといったことだろ...
メディアなどでよく使われるようになった「フェミニスト」という言葉。私たちも普段から何気なく使っているかもしれませんが、説明してみて、と言われたらどうでしょ...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...
最近、ファッション界において「両性モデル」というユニークな現象が起こっている。時にはレディース、時にはメンズ…2つの顔でポーズを決めるファッションモデルた...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
駆ける馬、舞う砂塵、荒ぶる無頼、鳴り響く銃、薫る硝煙、そしてカウボーイハットの下から覗く鋭い瞳。アーティストのフェリス・ハウス(Felice House)...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
2005年から韓国に住んでいるドイツ人の映像ディレクター。そこで西洋にはない男女間にある差を感じることに。長く住めば住むほど、その問題は歴史や文化に影響さ...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
IT系企業の採用面接に向けて、インタビューのスキルを向上させるオンラインサービス「Interviewing.io」の女性CEO、Aline Lerner氏...
以前に比べれば、女性の社会進出が推進される時代になってきましたが、まだまだ女性が正当な評価を受けるのは難しい。そんな現実を、子どもたちはいったいどう感じる...
世界各地に点在する「ピンク・レイク」。なぜこうなっているのか?バクテリアや塩分などの影響で色づいていると言われており、そこに太陽が当たるとこうやって見える...
先進国では男女平等の意識が高まりつつあるかもしれませんが、世界にはまだまだ「女の子だから」という理由でつらい思いをしている子どもたちがたくさんいます。ガー...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれ...