「なんでわざわざ?」と思うような体験に、踏み込んでみるべき6つの理由

ふるさとワーキングホリデーという、大学生を中心とした若者向けの「ワーホリ」プログラムが、この夏開催される。

縁もゆかりもない地方に夏休みの休暇を利用して滞在し、地域でのリアルな暮らしを体験するというものだ。地域交流のプログラムも豊富。滞在する住居の斡旋もサポートしてもらえる。さらに、基本的な生活費は現地での就業体験を通して得る収入でまかなうことができる。

それでも、都市部で便利な生活をしている人からは「なんでわざわざそんな田舎に……」なんていう声が聞こえてきそうだ。だけどそんな、「なんでわざわざ」に踏み込んでみるべき6つの理由を、紹介したい。

理由1.
旅行では行かないような場所の
魅力を知ることができる

2838b3f64fe1c4be98817ac816a99e01445337ad

旅行に行くとき、どうやって目的地を決める?ネットで話題だから?ガイドブックに載っていたから?

「ふるさとワーキングホリデー」の目的地は、話題の観光地とは限らない。

あなたが知らない地域にも、そこにしかない産業や工芸や自然がある。きっかけがなければ一生行かなかったかもしれない場所の魅力を、知らずに過ごすのはもったいない。

理由2.
知らない土地に
縁ができる

827c41c164f3cab5f9e141aae09fe89c11abde91

「ふるさとワーキングホリデー」の滞在期間は2週間から1ヶ月程度で、それぞれの自治体が提供するプログラムを選択できる。

地域のひとと共に暮らし、働き、行事に参加するという体験は、2泊3日の旅行では得ることができない、強い繋がりを生む。ありきたりかもしれないけど、名前を覚えてもらい、何度も同じ食卓を囲めば、「いつかまた帰って来たくなる」場所やひととの縁が、きっとできるはずだ。

理由3.
受け身でいては何も始まらないことを
痛感する

3538ab3310202ae3081dae944adc252f0ce7da2f

一方で、この限られた時間でどれだけの経験を持ち帰ることができるかは、あなた次第だ。まったくゼロからの人間関係。大学生活やいつものバイトみたいに、「徐々に……」という考え方ではあっという間にタイムリミットが来てしまう。

短い時間で信頼関係をつくり、もっとたくさんのチャンスを手に入れるにはどうしたらいい?受け身でいるだけではもったいないことに、すぐ気づくはずだ。そして行動に起こした先には、思いもよらなかったような成功体験や、成長実感が待っているだろう。

理由4.
「一生現役」の本当の意味を
知ることが出来る

B6c892aa129be15062c7ac15e8e13d7464b92732

地方に行くと、驚くほど元気なお年寄りに出会うことがある。なんでもテキパキこなして、「毎日やることがたくさんあって幸せだよ」と笑っているような。

そんなおじいちゃん、おばあちゃんを見ると、定年後はゆったりと老後を……なんていうライフプランを考え直すことになるかもしれない。事実、私たちが「定年」を迎えるころにはそんな概念はなくなり、「一生現役」が当たり前の時代になっているかもしれないのだし。

理由5.
東京には絶対に集まってこない
情報や考え方に触れられる

350655dc277ff9c93bbc8ec2284b823d45e82295

百聞は一見に如かず。同じ日本でも、都市部と地方では暮らしが違うことに驚くはずだ。しかも「地方」と一言でいっても、ところ変わればまた暮らしは変わる。そんな風に、日本にどんな暮らし方や生き方があるのかを知ることは、本当の意味であなたの視野を広げるのに役に立つはずだ。世界に飛び出す前に、知っておくべきことかもしれない。

逆に、情報や選択肢があふれる都市部を離れることによって、自分が本当に望むものが見えてくることもあるだろう。選択肢が少ない場所で、「どうしても手に入れたい!」と渇望するものはなんだろうか?こんなことを、見つめ直してみるキッカケになるかもしれない。

理由6.
本当に大切なものは、
お金?体験?

1a2113da90ce9abc137312ebe1b3fa03cadd55a5

どちらが正解かなんて決まっていない。

この滞在を終えたとき、あなたの中で、ひとつの価値観が見えてくるかもしれない。

飛び込んでみるなら、イマ

何をするにしても、二度と戻らない時間を引き替えにするのは皆おなじ。特に大学生にとって、とても貴重な夏休みの時間。有意義に過ごすための選択肢のひとつとして、他人が「なんでわざわざ?」と言うような体験に飛び込んでみるのはどうだろうか。

詳細は、随時開催される「説明会」やホームページから確認することができる。条件などは団体によって異なるため、希望にあったプログラムがないか、チェックしてみては?

A7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
物質的な「モノ」を買うことよりも、「経験」にお金を使うことの方がしあわせ。社会全体の価値観が、次第に体験、知識、思い出を積み重ねていくことの方へとシフトし...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
2016年5月3日にGoogleが公開した下の動画は、ヘッドマウントディスプレイを装着して、VR空間に自由に絵を描くためのツールを説明したもの。その内容に...
出産の痛みって、男性には経験できないものですよね。でも、筋肉を電気で刺激することで擬似体験はできるようです。動画には、「母になる痛み」を味わう実験に参加し...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
「自分の好きなことを仕事にできたら、どれだけ幸せだろう?」きっと、ほとんどの人が一度はそう思ったことがあるはずです。でも、実際に一歩を踏み出す人は、決して...