ひとりだけ昼食抜きの男の子。クラスメートが助けるけれど…

授業の終了を告げるチャイムがなり、子どもたちが嬉しそうにランチボックスを取り出します。だけど教室の真ん中に、ただひとり浮かない顔をしている男の子が。容器を目の前にため息をつく理由。実は、中が空っぽだからなんです。

これは子どもの福祉などを支援する団体「Bufdir」が作った動画。見た人にあるメッセージを投げかけます。

Adf513074fdbe301ce167f9aae73bacc0009f4e3

周りの子が食べ始めている中、空のランチボックスを静かに開ける。

Dee5a1e714503e61808dfb3162211232642d4454

無言でフタを閉める男の子。

2c22762177874513da32623ad12e21490cf795d7

廊下をトボトボ歩いて向かったのは、

266c56c2c2ffce98688302dc2df8cd7e12077d8a

お腹を少しでも満たせる水飲み場。

9ea4424119af3d8eab046964a5028df8563ab5f3

そして窓の外を見ながら時間を潰す。

9859fc1ce13df4c893a01254d1b2e4749830bf77

教室に戻ってランチボックスをしまおうとした。けれど、あれ?何か入っているみたいだ。

4b9a240a4d334e0cdbe5b910970a7e053a75ae6d

一体誰が?

52c8604f334d4b4c52e5decf61d885c6020e62db

マスカットはあの子が入れてくれたんだ。

Ecd847d2705dbcaedb68a7f7b50455c75ebd5c81

知らないフリしているけど隣の子も。

D95ed3386a034637fc3f8e9a400515d93d7cd871

パプリカは前の女の子だ。

85ca3981ac96d1057741d12b3847fd1ad35351dd

みんなありがとう…。

92c9c2a01f3956736c1d7666988db0dcfedae0f2

優しさも嬉しいけれど
本当に大事なのは「持続性」

FacebookやYouTubeに投稿されたこの動画。内容に対しての意見は、賛否両論です。

「心が温かくなるよ。世界にはこんな優しさがもっと必要だ!」

「1日、2日はいいかもしれない。でも1週間も経てば、『またあの子にあげるために自分のサンドイッチを半分諦めなければいけないのか…』と感じるようになるのでは?」

実はこの動画、最後にはノルウェー語で「里親の必要性」について訴えていますどのような理由であれ、十分に食べさせてもらえない子どもに必要なのは、しっかりケアしてくれる大人。そうすれば、支援は一時的ではなく持続的なものになるでしょう。そしてそれは、近くにいる人が気付いてあげられるのです。

この団体は他にも、子育てや家庭内に関する問題の解決に向け、カウンセリングなどのサービスを提供しています。

Licensed material used with permission by bufdir
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...
ビールが好きです。缶か瓶かで言えば、瓶派。とくに、コロナビールが好きです。日頃から瓶ビールを呑む機会が多くて、とくに夏の暑い日なんかに散歩をしていると、す...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「誕生日に息子をおもちゃ屋に連れてったんだ。何を選んだと思う?」そう話すお父さんと一緒に動画に登場したのは、3歳になったばかりのアザイくん。どうやら自由に...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
登場する子どもは、たぶん私と同世代の20代。親と一緒に呼び出されて、向かい合って座る。何を話すのかと思っていたら、「Cut.com」が出したお題は、「初体...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...