トマト味ばかりで、冷製パスタが飽きてしまった人へ。

夏の冷製パスタに用いられる「カッペリーニ」。髪の毛(capelli)に例えられるとおり、1ミリ以下の細さが身上。トマト&バジルの組み合わせは鉄板ですが、そればかりではカッペリーニを存分に楽しむことはできません。

今の時期にぴったりなコチラもぜひ!

枝豆×小エビの
夏気分カッペリーニ

Eabc9dc21589ed1369d602d792973159f68c645b

材料:2人分>
カッペリーニ:150g
サヤから取り出した枝豆:60g
むき小えび:60g
にんにく:2かけ
ねぎ(白い部分):5cm
オリーブオイル:大さじ4
鷹の爪(輪切り):小さじ1/2
塩:小さじ1

<つくり方>

にんにくとねぎをみじん切りに。カッペリーニを表示時間通りに茹でて、冷水でしっかりしめ、オリーブオイル大さじ1で和えておきます。フライパンでオリーブオイルを熱し、にんにく、ねぎ、鷹の爪を香りが出るまで炒め、そこに小エビと枝豆(茹でる前)を投入。エビの色が変わったらソースの完成。カペリーニにかけて和え、冷蔵庫で冷やしてどうぞ。

“冷製歴”は日本人の方が長い?
イタリアのパスタ事情

ところで、500種以上ともいわれるパスタをつかって、豊富なパスタ料理を育んできたイタリアに冷製パスタが登場したのはここ数年のことだと聞くと、ちょっと意外ですよね。

どうやら近年の異常気象が関係しているらしく、さしものイタリア人も暑すぎて、温かいパスタなんて食べてられない!と冷製を受け入れるようになったんだそう。

ただ、もとはと言えば1970年代にミラノのリストランテで誕生した「キャビアのパスタ」、これを冷製で提供したのがルーツだとかで。ところが、これが全く受け入れられず、冷製パスタが浸透するまでには至らなかったようです。

定着しなかった理由のひとつに「パスタの性質」があるかもしれません。日本では蕎麦やうどんに塩が練りこまれているため、茹でたあとに水にさらして冷たく食べますよね。一方パスタは茹でる際に、はじめて塩を加えて味を入れていくもの。

つまり、「水でさらす=一旦入れた味を水で洗い流してしまう」、ここに冷製が定着してこなかった、そもそものコンセプトの違いがあるようですよ。

まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
「ニョッキ」といえば、おもにジャガイモと小麦粉を練り合わせてつくるパスタの一種。レストランで食べたり、できたものを買ってくることはあっても、“自宅でつくる...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
トマトの植え込みに最も適したシーズンが、4月〜5月にかけて。つまり今が最旬期。そこで、斬新でカンタンな栽培方法を動画でご紹介。これホント?と、思ってしまい...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...