いろんな場所で丸くなる、「ふわふわのハリネズミ」に触りたい。

もふもふのお腹とつぶらな瞳が愛くるしいハリネズミ。短い手足で歩く様子も、ウニのように丸くなって針を逆立てる姿も、全部ひっくるめてもう、可愛くて仕方ない!

と、私のように夢中になっている人は意外と多いようで、東京・六本木に続き、今年の2月には原宿にも「ハリネズミカフェ」2号店がオープン。むしろ日本は遅いほうで、欧州ではすでに軽くトレンドになりつつあります。

なかには、こんなアイドル級の人気を誇る子も。Mr.Pokeeは、世界中の愛好家たちのハートをがっちり。

おでかけするハリネズミ

臆病で警戒心が強く、飼育が難しいと聞いていたのですが、この子を見ているとそれが嘘のよう。手のひらにすっぽり収まって、屋外へとお散歩に出かけられるのも、Mr.Pokeeだからこそ?

愛くるしい彼の“おでかけ”見たさに、すでに26万以上のインスタフォロワーが(@mr.pokee)。

関連グッズまで登場

Medium 0b1d05cd052a10fd00e184cf3e438c3bcca2d874

なんと、あまりのPokee人気にグッズまで登場しているんです。飼い主のLithaさんは言います。

「彼と暮らすようになってから毎日がしあわせです。どんなにイヤなことがあった日でも、Pokeeといるだけで明るさを取り戻せるから」

こちらまで、見ているだけで元気になれそう。

一日の終わりに
ご褒美動画

最後に、とっておきの動画をどうぞ!

お腹をなでなでされてリラックスムードのPokee。こんな姿見せられたらイヌ派やネコ派も、ハリネズミの愛くるしさに目覚めるでしょ。

Licensed material used with permission by Mr.Pokee
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...