「転職?残る?」揺れるアナタに試してほしい10のこと

ただがむしゃらに働いた社会人1、2年目を経て、“いろいろなコト”が見えてくる3年目は、多くの人がこの先の生き方を見直そうとする時期でもあります。転職するのか、それとも残るのか。悶々とするその時間の正しい過ごし方を「Elite Daily」から紹介。結果的にどちらの選択をするにせよ、「やれることはやっておく」が正解かも?

01.
「引き寄せの法則」をつかう

B48c6337ad6762eddc7ab8e8612a54f03a158d70

これは、「前向きな考えは、良いことを引き寄せる」という考え方。

将来へのモヤモヤとした不安を前に堂々巡りしていても仕方ない。そんなことでは新しい道も見えないどころか、今いる職場にもいい影響がありません。大事なのは悩むことより、建設的に考えること。弱気な考えは捨てて、どうしたらもっと良くなる?と、自分がのびのび輝いているところを思い浮かべて思案しましょう。

02.
ビジョンボードを作ってみる

「新しい職を探すとしたら」「今いる会社に残るとしたら」考えを巡らせるときに、手がかりとして自分の願望を可視化するのは大事なこと。自分は何が好き?何がほしい?どんな人生にしたい?思いつくまま自由にコラージュしてみましょう。

このとき、転職に縛られたビジョンボードを作らないようにすることがポイント。全ての思い込みを捨てて、純粋に心踊ることだけに着目しましょう。曖昧なものをなんとなく形にしてみることが大事なのであって、正解を「コレだ!」と決めるためのものではないのです。

03.
履歴書をよりよく書き直す

理想の仕事をいざ探すとき、最初にカギとなる履歴書。雇う側へのあなたの第一印象を決める大事なツールです。

昔のものは一旦捨てて、よりよく書き直しましょう。自分が今まで、そしてここ数年、何をやってきたのか客観視するきっかけにもなるはず。チャンスを増やすためにベストな一枚を作ってみましょう。自然と自分に自信がついて、良い影響が出てきます。

04.
他の仕事を探して視野を広げる

43867b0909a686e063a516832f4974c151147d98

パソコンを開いて情報を集めること以上に、将来へのモチベーションが上がることなんてありません。転職サイトを開いてみてください。少なくとも、そこの求人の数だけあなたに可能性が広がっているのがはっきりとわかるはず。

もちろん全ての求人に受かるとは限らないけど、転職を考えているのなら試しにいくつか応募してみては?今日5つ、明日8つ、なんてドンドン申し込んでもいいのです。

05.
自作のウェブサイトを開く

雇い主に実力を見てもらったり、またはスキルのアピールのために、ウェブサイトを作ってみるのもひとつの手。履歴書ではできないような自己アピールも可能になります。サイト経由で雇い主の方から仕事を申し込んでくれるケースも増えているし、多くの人の目に留まるでしょう。

場合によってはサイトのURLやプリントアウト版を添付して、選考のための資料として正式に提出できる場合もあります。

06.
新しいスキルの獲得に挑戦

可能性を広げるためにできることはまだあります。オンラインでの資格認定試験、講座、地元のワークショップ、習い事、大学で開催される社会人向け講座などなど。興味のあるものに申し込みましょう。

資格や習い事が見つからなかったら資産運用について勉強するのもよし。履歴書でのアピールポイントにも、日々の目標にもなります。こういったものを身につけて損することはまずないはず。

07.
「今日のよかったこと」を毎日書き出す

2ec6027f491908ba641d33acb05ad95f37790944

「そんなに毎日いいことなんてない」と思うかもしれません。職場が人生の全てというわけじゃないと頭ではわかっていても、仕事でモヤモヤしてると私生活でも何を見ても気分が沈みがち。

でも、些細なことでいいから「良かった」と捉えて書きためてみましょう。上司に褒められたとかはもちろん、可愛い犬を見かけた、お茶をうまく淹れられたでも良し。大事なのは、気分を上げるきっかけを作ること。

もしそういうのが好きなら、いいことを書いた紙を瓶にためていく「ハピネス・ジャー」を作ってみては?もうどうしようもないほど陰鬱とした気分の時に瓶をひっくり返して中身を眺めたら、少しは救われるかも。

08.  
体を動かしてリフレッシュ

憂鬱な日も体を動かせば不思議とスッキリするもの。一区間散歩するみたいな生ぬるいものじゃなくて、気持ちよく汗をかいて、テンションも上がって、エンドルフィンがドバドバ出るようなエクササイズのことを言ってるんですよ。

最低でも1回に10分以上はちゃんとやる。汗をかいたらシャワーを浴びる。これで完璧にリフレッシュできるはずです。

09.
とにかく本音を口に出す

「転職しようか悩んでるんだよね…」「仕事探してるんだ」とにかく周りに言いましょう。職場の人に簡単に言っていいのかは微妙ですが、とにかく口に出すのは一歩踏み出すことへの最良の近道。

思いもよらない話を聞けるかもしれませんし、意外な繋がりから仕事を紹介してもらえることもあるかも。行動すればするだけ道は開けるものです。

10.
ポジティブな言葉を唱える

Fcdd6b8199697d9edf6541974f930bb16ba6b5b8

将来についてどんな選択をしたにしても、とにかく「今いい方向に向かっている」と思うことがもっとも大切。繰り返し自分に言い聞かせるようにしましょう。

「こんなはずじゃなかった」なんていつまでも言っているような人にはなりたくないですよね?反省しても後悔だけはしないように、悔いのない日々を過ごしましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
なかなか理想的な相手に出会えない…。恋愛と同じ、時には、それ以上に困難なのが、就職や転職ではないでしょうか。面接で一生懸命アピールしてもうまく伝わらない。...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
人間は、自分自身を過小評価する傾向にあるとか。けれども、それは周りからの評価とは多分に異なります。それが最愛の人からの場合は尚更。「A Plus」が実施し...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
毎日「退屈な9時-17時」を過ごしていませんか?ここで紹介するのは、弱冠24歳にしてフリーランスコンサルタント&マーケッターとして活躍するレナ・エルキンス...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
いまや世界的な社会現象となっており、毎日話題が絶えない『Pokémon GO』。モンスターボールを投げているユーザーを街中でよく見かけるようになりました。...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...