苦節25年。おじいちゃんが庭につくった渾身の「世界地図」

始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいるため、牧草を手入れする時期になって作業を始めると、湖にユトランド半島のような石が現れていたことに気がついたのです。

すべてはデンマークから始まった。

赤と白のデンマークの旗が立っている場所がまさにソレ。きっとセーレンさんは、見てすぐに母国だとピンときたのでしょう。

この長細い石を見て、「ここに世界をつくろう」と思い立ってしまったのです。

あの日から、25年後

78d4eab6c544976c1bc02efcf89c2b1032c05330Df64b3dcb89fb0e40cf11a919c5ffe5ff9a0e62d

ひとつの石から始まったようには思えないほど広く、目を疑うほどのクオリティです。

彼はこの場所を「小さな世界」と言う意味のVerdenskortetと名付け、公園としてオープンにしました。地元ではここで遊ぶことを、「1日でできる世界一周」なんて呼ぶようになったそうです。

全てを完成させた時、56歳だった彼は81歳になっていました。ずっと夢見ていたであろう、この場所へ子供たちが遊びに来る姿を見た数ヶ月後に亡くなったそうです。

大陸の数、多くない?

4,000平方メートルにわたるその全貌を、上空から見渡せば違和感に気づくでしょう。

左下にあるのが南米。繋がっている上の大陸は北米大陸です。ここまでは地図通り。けれどその上にある大陸の逆さ文字を、ズームして読んで見ると……「SIBIRIEN」そう、シベリアです。なぜここにロシア?その先には更に、ヨーロッパと繋がった北米大陸がアゲイン。

理由は、「グリーンランドの大きさ」にありました。よく見る世界地図では、まるでアフリカ大陸と同じくらいに見えますが、実際は14分の1という小ささ。セーレンさんは、面積の比率はどうしても正確にしたかったわけです。しかし、それではユーラシア大陸と北アメリカ大陸はボートで移動する他にありません。

歩いて一周できるようにしたい、かつ、グリーンランドは巨大化させたくない。行き着いたのが、この形というわけ

「すべて手作業でつくった」
という衝撃の事実

完成度の高さに目を疑いましたが、ここにきて耳も疑いました。セーレンさんが使った道具は、手押し車や手工具で、最後まで機械を導入させなかったのです。25年もの歳月がかかった謎が解けました。

使われた石の総重量は1トン以上。長い時間をかけて、地道に運び込んだのです。

❤️さん(@mbsmia)がシェアした投稿 -

この写真から見えるように、抜かりないこだわりの数々はコチラ。

・赤道の位置には赤い杭を打っている
・川や湖も当時の地形通りに掘られている
・山脈の位置には石を並べて高さを出している
・すべての国の国旗を立てている
・砂漠の位置には芝を生やしていない
・各国、大陸の大きさの比率は、すべて実際と同じになるように緻密に計算されている

本人が亡くなったあとでも、公園はずっと綺麗に手入れをされているそうです。この庭にかけた情熱を、いつでも感じ続けるからなのでしょう。

もちろん、日本もちゃんとあります。なんだか嬉しいですね。旗が刺さっているのは、山口県と島根県の間くらいでしょうか?

気の向くままに、
贅沢に遊ぼう。

7a3d0a485f42a7caa5fd3af4c97dc10980600499

太平洋ではカヌーを使って、水上の旅へ。18ホールのミニゴルフコースもあって、大人も一緒に遊べるようになっています。

9501388f6d5449265a0951597fc4623e4f1976cdEf7fa0a310283e55e3c8bb4572cc7f449e6401e2D255bb4ff9a41930fa0d3b1446f211acd733cf67

機械を使っていたら、ここで遊ぶ子供たちの姿を、もっと長く見守ることが出来たのかもしれません。けれど情熱と人生をかけてつくり上げたからこそ、オープンから約50年経った今でも愛され続け、世代を越えて受け継がれていく思い出の場所となっているのでしょう。

Licensed material used with permission by Verdenskortet, drengemor.dk
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...
アメリカなら、Bruce Springsteen『Born in the U.S.A.』。ニューヨークなら、Frank Sinatra『New York,...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
赤津 慧  Kei Akatsu幼少期からサッカー漬けの日々を送り、高校時代は茨城県私立鹿島学園高校で全国高校サッカー選手権ベスト4入りを果たす。東京理科...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
ベトナム・フエの市街地から8kmほど離れた場所にあったのは、2004年にオープンしたあと、すぐに閉園となった「Ho Thuy Tien Water Par...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...