旅する「ノマドアート集団」が、世界の壁を彩っていく

ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。

目的地では壁画を中心としたイベントを開催し、地域の活性化につなげているという。旅をつづける彼らからはノマド的な要素を感じる。ある意味、現代らしいアートのかたちと言えそうだ。

ペイントでつなぐ
「地域」と「人」

3fad1a44a7c32ff896df215908b639ed27ef12ed

「POW! WOW!」は2010年から活動を続けていて、これまで米国内ならオースティン、ロングビーチ、ウースターといった比較的小さな街を中心にまわってきた。その理由を創設者のJasper Wong氏はこう語っている。

「大きい場所より小さい街でアート活動をおこなったほうが、より意義深いしインパクトが強い。最近はイスラエルのテルアビブへ行ったけれど、地元の人もかなり喜んでくれたよ」

彼らは地元のアーティストたちとコラボレーションもしていて、地域のクリエイティブな面の底上げも狙っている模様。イベントにはミュージシャンが参加したり、トークショーを行うことも。

3638863e9d2403e053984a9d3ae01c0356b53980Dc5c7ff9ae2c52d7511a9f5b07bfa1eb28f7aa4809018e1c7394cf0bbf539f929456fd49b4adc7cf

イスラエル・テルアビブ。後ろに見える海の青に負けない爽やかなブルーが印象的。

4a761bade95ec6eff1240912802a30727b5c3a2b

イスラエル・アラドのストリートで活動した時のもの。入り口にいる猫が可愛い。

22b9241b42bc1f497a385cc62a9a6c3049e19236

こちらは拠点となるハワイでのもの。

20186858df8ec9bd4fe263341057fce900346369

テキサス州・オースティン。まるで青空に虹がかかったよう。

B8eda0b0cf80c1b596aa5bf502ed0665fe4eeef4

台湾にあるペイントは、気付かず見上げると少しビックリしてしまいそう。

31add77982de56f7422824ebf7cb4088eba1579e

最後は神戸。興味津々に見ているのは、偶然通りかかった人だろうか?

「POW! WOW!」の目的についてJasper氏に尋ねたところ、「世界中を彩っていくこと」と答えてくれた。大きな夢と野望を抱えて、これからも人々を笑顔にしていくことだろう。あなたの街もいつかカラフルに変身する日がくるかも。

Licensed material used with permission by POW WOW Hawaii
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
フランスのラスコー洞窟の絵画のように、人類は太古から、自分たちの願望や精神世界を壁画として描き出してきた。現代でも、自分たちの家の壁にそれを行う集落がある...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
小野美由紀さんはカナダの大学への留学後、沢木耕太郎さんの自伝小説「深夜特急」に憧れて沿って世界一周に出ました。小野さんの「深夜特急」との出会い、そして旅に...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
旅こそひとりの人間として成長するための良き師であり、インスピレーションの源だ。そして旅という最良のツールとリソースを、より多くの方々に活用してほしい。自著...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
2001年3月、衝撃的なニュース映像が世界中を駆け巡りました。アフガニスタンのバーミヤン大仏像が無残にも破壊されたのです。今なお、シリアやイラクでも古代遺...
リアルタイムで世界とつながり、まるで旅をするように未だ見ぬ自分を探求する・・・。 世界とつながるとは、どういうことだろうか。今回のイベントでは、次世代にお...
僕らはこの世界にいる。そして自らの選択次第で自由な生き方は実現する。でもあなたがその選択に迷ったとき、一歩を踏み出すきっかけになってくれるプロジェクトがあ...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...