湖で撮影された、幻想的な鏡の中の世界(オーストラリア)

ふとした瞬間に目にした景色が、心の中にすーっと溶け込むようなフシギな感覚を覚えたことがあるはずです。たとえ、そこが見慣れた小径でも、いつもと同じ日々のなかだとしても。そのときの感覚をうまく言葉にすることは難しいもの。

そんなふうに、自分だけにしかわからない感情と向き合うことができる、すてきな写真を見つけました。

「鏡」を通して
景色とつながる心

Dc03e7bc2c2a9086c724678e1a7d2a3007e2d09bE090d1e28866e5155367d867acd7cf7bd7c545ff9fa4e23d13f0c4ffd58084a8a12068d38eda5d4d59e7f6198c0ab1ef5c1a97aeda4e1cef4e2de1dd7348726b2c6ad93070d1e4df5a8670c94d52719d6d0d6c0a1f9783dc6bf2d20a47b828c9be08740b6fb7bbf70982fcdef4d4aceab8256f7d027922c120765a9659ce2a9fdde2e06f4b1670341d747bae00375e69542780f8017396ba94febb8d3cd58413

同じ景色を撮り続けて14年
自然と感情がシンクロする瞬間

382bfa1ff75ca29ef180201f44b717a720fab148

ここは、オーストラリアのエーア湖(Lake Eyre)。平均水位がおよそ15センチほどしかなく、乾季にはほぼ干上がってしまうこともあるんだそう。

太陽の光に反射して、湖面が空と“うつし鏡”となる場面を、わざわざ持ち込んだ等身大の鏡を用いて撮影し続ける、地元のフォトグラファーMurray Fredericksさん。2003年にスタートしたシリーズ「SALT : VANITY」で、鏡に映り込んだ「光、色、宇宙」の変化と「感情」を結びつける瞬間をフレームに収めてきました。

※現在、ロンドンで展覧会を開催中(7/7まで)。詳しくはコチラ

Licensed material used with permission by Murray Fredericks
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
いわゆる「絶景本」などの影響もあり、近年、一気に知名度を上げた「ウユニ塩湖」。でも、どれだけ情報が溢れようと、こんな「空撮映像」はなかなかお目にかかれない...
この映像は、2016年2月13日にミネソタ州スペリオル湖で撮影されたもの。凍っているのは湖の表面だけ。とても薄い層だったために、波に揺られながら岸へと打ち...
ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
小学生の頃、理科の実験でよく使った顕微鏡。普段は見ることの出来ないミクロの世界を始めて見た時は、感動したものです。ただ、顕微鏡を使っていたのは大体屋内。観...
ウユニ塩湖の美しい景観を守りたい!「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...
仕事を辞め、日本を飛び出した映像作家とヨガ・インストラクターの夫婦。彼らの世界一周の旅は『旅する鈴木』のタイトルで、動画とともにほぼ毎日発信中! なかでも...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
世界各地に点在する「ピンク・レイク」。なぜこうなっているのか?バクテリアや塩分などの影響で色づいていると言われており、そこに太陽が当たるとこうやって見える...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
この世界には、目に見えない生き物がたくさん存在しています。生態系の中で重要な役割を果たし、ときに人間にも大きな影響を与えているそんな生き物たちを見る機会は...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...