男仲間だけで気兼ねなく訪れたい「アイスランドのビールスパ」

いまどき「ビールに浸かれる風呂」なんて珍しくない。

けど、アウトドアで、10人同時に入れてしまう豪快なスパなんて滅多にないはず。しかも、向こう側に見えるのは雄大な景色。こんな解放感なロケーションで、ビールを片手に馬鹿話に花を咲かせる。

アイスランドのビールスパ「Bjórböðin」は、間違いなく、野郎同士で盛り上がれるパラダイスだ。

バスタイムの後は
リラックスタイムだけど…

3ef7b4575438e6524819acd24099a70396312aae

お風呂の中身は、ビールと水とホップと酵母。ここに25分浸かった後、リラクゼーションルームで25分間ゆっくりとビールを楽しむことができるようだ。で、その後はレストランでビールに合うつまみと共にもう1杯……が基本的な流れ。

でも、やっぱりフライングしちゃうのが野郎同士の不文律。ここでは、ビールに浸かりながら、ビールを飲んで、全身ビール漬けになるってのが粋ってものなのだろう。

E7c53f2e6ed04b99c65c670be6bbcd48626e6b13

ビール風呂は温泉感覚で

8e6c81da97b19c87837b0fe26f88dd465b20a4e6

ここのスパが推奨しているのが、ビール風呂の後は身体をすぐには洗い流さないでくれってこと。何でも、酵母には身体にいい成分が含まれているかららしい。それは、温泉から上がる時、シャワーを浴びないってことに通じるものがあるのだろう。ま、郷に入れば郷に従えってことで、入浴後はこのルールを意識することを忘れずに。

第2ラウンドは
レストランでスタート

8887b4cf0aae21887699190018a78a1bbd6e41dd

さて、しばしリラクゼーションルームで一息ついたら、隣接するレストランへ。ナチョスやフライドポテト、ハムのミックスプレートを軽くつまむもよし、あるいは、ホームメイドのハンバーガーにかぶりつくもよし。小洒落た店内で、ワイワイガヤガヤしながら、現地のアイスランド人に混じってビールな日をとことん堪能しちゃおう。

647213f591bebd896aa82d92aee66a58004df917

このビールスパがあるのは、アイスランドのダールヴィーク。人口わずか1,400人ほどの小さな村だ。主な産業は漁業。そう、アイスランドはあまり知られていないが、世界の漁獲量の2%を誇る国で、質の高い海産物が豊富なのだ。となればシーフード。ビールスパの後は、散策がてら魚を味わいに出かけてみるのもいいだろう。

Licensed material used with permission by Bjórböðin
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...