イイね!をもらうコツは「ライフスタイル」を見せること

「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない」

これは、フォトスタイリストの窪田千紘さんが著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』で綴る言葉。

では、周りから「この人、センスがいいよね」と思われるためには、どうすれば良いのでしょうか?

「雰囲気美人」に
なるためには?

C73383540409d81c441e0a3e5a39f1433e644a03

ネットを通じてのコミュニケーションが増えた現代では、ファッションセンスがいい、顔がキレイ、インテリアが素敵…というだけでは、物足りなく感じてしまいます。それはなぜか? 今はすべてを兼ね備えた「雰囲気美人」がもてはやされる時代だからです。

個人的な見解ですが、洋服のセンスがいい人は、たいていインテリアのセンスも持ち合わせています。どちらかだけ長けているという人は少なく、ほとんどが両方とも素敵な感覚を持ち合わせているのです。

普段、メイクや洋服だけに気を使って、日々の生活をおろそかにしていませんか? 自分らしさとは何かをしっかり振り返り、SNSで表現してみましょう。そうすれば、フォロワーの反応も変わってくるはず。

ファッションや
外見だけではダメな時代

最近急増しているファッション系のコーデ本を見ると、洋服に限ったものは少なく、その人のライフスタイルも一緒に紹介しているものがほとんどです。もちろんメインはファッションですが、そこにプラスして、その人の私物や普段の生活ぶりが何となく感じられるような作りになっています。

このことからも分かるように、ファッションや外見がいくら良くても、現代を生きる女性には「オシャレな人」には映りません。生活、洋服、生き方など全てを合わせた「センスの良さ」を持っている人が憧れられる時代になっているのです。

知りたいのは
ライフスタイル

1c859bdebf526a3b90c28fcd4006cab71bd93415

たとえばモデルの梨花さんを例にすると、20代の頃の彼女は、ファッションや外見の美しさでも十分人気を得ていました。でも歳を重ねると、梨花さんと同世代の女性は、ファッションだけではなく「この人は日々をどう過ごしているのか」というライフスタイルを知りたがります。それが分かっているかのように、自分のセンスを見事にSNSで表現し、今でもカリスマ的な人気を誇っています。

ちょっとした見せ方を工夫するだけで、誰でもトータルバランスに優れた雰囲気美人になることができます。もし、InstagramやTwitterなどのSNSの反響が少ないと感じているなら、彼女たちを参考にしてみては?

「あなたが好きなもの」=「センスが良いもの」。非常に理想的なことですよね。しかし現実ではそうはいきません。好みのものが世の中的には流行に合わないと思われた...
スマホが普及して、SNSを利用する人が爆発的に増えました。みなさんの中にも、Instagram、Twitter、Facebookなどで、食べたものや、街中...
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
会話の引き出しや持ち物、ルックスや雰囲気がキラリと冴えわたっている“センスがいい人”がいます。ここでは、そんな周囲から一目置かれるセンスがいい人に共通する...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
ある夫婦のペアルックが世界中で話題になっている。ペアルックのコーディネートを楽しんでいる「bonpon511」さんは正真正銘のご夫婦。bonさんが旦那様で...
どことなく上品で笑顔を絶やさない、素敵な女性に憧れるものの、ガサツな自分には無理!と思っている女性のみなさん。それはもったいないことです。あなただって「素...
「Nextshark」が紹介するのは、中国人イラストレーターのYao Xiaoさん。「ごめんね」とつい言ってしまいがちなシチュエーションを「ありがとう」に...
顔立ちは特に目立つほどでもないのに、その仕草や雰囲気だけでモテる男性っていませんか?そんな「雰囲気イケメン」は、少しの心がけで誰でもなることができるのだと...
ただでさえ可愛いのに、ちょこんと帽子を頭にのせてオシャレするなんて、なんてチャーミングなヒヨコなのでしょう!小さいながら、よく出来ていますよね。よく似合っ...
内気で恥ずかしがり屋な性格であることは、社会ではデメリットだと見られがち。でも実際は、恥ずかしがり屋な性格にもたくさんの魅力とメリットがあるのです。「I ...
彼氏がいないからなんだ!嘆いてばかりで時間を無駄にしてないで、シングルの間は自分磨きに専念しましょう。誰もが好きになる「素敵な女性」に変身すればいいのです...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
テキスタイル・デザイナーとして活躍する氷室友里さんは、友人の結婚式前夜祭で、染め物のワークショップを開き、参加者みんなで作ったドレスを新婦にプレゼントした...
この心温まる光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラちゃん。毎日一緒にお昼寝をしている姿をインスタ...
カナダのバンクーバーに住むCaitlin Fladagerさんは、夫と3歳の娘、1歳の息子と暮らす4人家族。そんな彼女の、Facebook投稿が話題になり...
素敵な女性を見て「自分には高嶺の花だなぁ」とため息をついたことはありませんか?美人だったり、仕事ができるエリートだったりすると「オレなんかじゃ無理か…」と...
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらい...
特別な日でなくても、不意打ちのプレゼントって嬉しいものです。贈り物を選ぶときは、相手がどんなものが好きなのか、何か必要なものはないだろうかと、情報収集が不...