BBQの「主役」になれる串焼き料理。

30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理なんていかがでしょう。

ひと晩お肉を漬け込んだ
エキゾチックな芳香が◎

Adfdbaa1ac4b501bd4a90b64720ce6e9a8017a37

ギリシャ風串焼き「スブラキ」です。タレに漬け込んでおくだけで、脂身の少ない肉でもびっくりするほど柔らかくなります。

少し焦げ目がついてしまうくらいまでグリルしたら、熱々のうちにレモンをぎゅっと絞って。スパイシーでエキゾチックな香りが鼻をくすぐる、BBQの主役を十分に張れる一品をどうぞ。

<材料:2人前>
A オレガノ:小さじ1
A にんにく(すりおろし) :1片 
A オリーブ油:大さじ1
A 白ワイン:大さじ1
A 塩:小さじ3/4
豚肩ロースかたまり肉:300g
レモン:1/4個

<つくり方>
肉をひと口大、レモンはくし切りにカットし、Aのタレに漬け込んでおきます。BBQ用の串をうって、グリルで片面3分〜4分ずつ焼きます。できあがったら、レモンを絞ってどうぞ。

そうそう、竹串を使用する場合は、焼く前に串を5分ほど水に浸けておくと、串が黒焦げにならずにすみます。

漬け込む時間は最低でも1時間以上、ひと晩漬け込んであげれば肉が格段に柔らかくなります。もちろん家庭の魚焼きグリルなどでもおいしく焼けますが、やっぱりそこは屋外で!ビールと一緒にね。

BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
1回こっきり使い捨てBBQコンロ「CasusGrill」。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、こ...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...