あなたは、蚊に殺されない自信がありますか?「人類 vs 蚊」

どんな動物よりも多く、人間を殺している。
人間の死因としては、戦争よりも多い。

これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音を耳にする機会が増える。ただの炎症による「かゆみ」だけで済むならまだしも、そう簡単な話ではなさそうだ。

ここでは、ディスカバリーチャンネルアニマルプラネットで特集される番組「人類 vs 蚊」より、その因縁の戦いについて見ていきたいと思う。

戦いは300年前から
本格化

9500caaaf7a757dc2a49b8b1651159b54041375e

その歴史は、300年ほど前に遡る。

デング熱、黄熱、マラリアといった感染症は、約300年前からアフリカ大陸をはじめ、アメリカ大陸へと拡散。さらに、ジカ熱、ウエストナイル熱、チクングニア熱の3種も猛威を振るい始め、この16年ほどでさらに広がりを見せている。

では、なぜそれまでアフリカ大陸や東南アジアといった熱帯のエリアで蔓延した病気が、北アメリカやヨーロッパにまで広がったのか?

3e84e894bd99c72ca5f187dfb7b3bbcec3c4064d

理由は大きく2つ。「温暖化」と「グローバル化」だ。

つまり、地球全体の気温が上がっている影響で、今まで熱帯域にしか生息していなかった蚊が、平均気温の上がった北の地域でも生息できるようになったこと。

グローバル化の影響は、厳密には2つの理由に分けられる。1つは、飛行機の発達で人々の移動がより速く、広域に及ぶようになったこと。「エアポート・マラリア」という言葉があるほど、世界中の空港で感染への注意喚起がされていることはご存知の方も多いだろう。もう1つが輸入品の流通だ。たとえば世界中に輸出されるタイヤは、蚊の孵化にうってつけの場。蚊は水により孵るので、雨などに濡れたところに溢れ出すといったサイクルが広がっている。

2000年以降、短期間でジカ熱などの患者が爆発的に増え、また北アメリカやヨーロッパでも患者が出てきてしまったのには、こういった背景があるという。

「ジカ熱」と戦う人々

5c6f47711f860772e1649f79f42c8c30f4d16c45

なかでも「ジカ熱」は、大きな社会問題にまで発展している。妊婦の場合は、母体のみならず、その子どもにまで影響を及ぼすことがある。一番問題視されているのが「小頭症」という発達障害にかかるリスクが高まることだ。

さらに厄介なことに、ジカ熱は主な症状が出ないため、妊娠して数ヶ月経過したあとの超音波診断にならないと、子どもの感染が確認できないのだ。

波紋を呼ぶ
遺伝子組み替えの「蚊」

C89c2cb9d9e58f2eb4e008e2ef3009073232beee

では人類は、このまま蚊に対して白旗を掲げることになるのだろうか? 当然そうではない。

世界中の科学者や昆虫学者、薬学者や製薬会社、自治体などが立ち上がり、感染病を食い止める方法を研究し、何より子どもたちが犠牲にならないように、日々戦っている。

04e188eead8231cdf095ae9eb6d4aeb2c1cb3542

とはいえ、蚊は根絶したほうがいいとも言い切れない。食物連鎖の破壊に繋がるのではないか、という議論にも広がる問題だからだ。

従来の駆除剤などをヘリコプターから撒く対処法は、人間に対して健康上と精神衛生上の負担をかけてきた。また、このような駆除剤を撒くことで生態系にも危険を及ぼす。

少しでもこのような生態系や人間の暮らしに負担がかからないようにと、新たな提案として、生物工学を専門とする企業「OXITEC」は、遺伝子組み換えをしたオスの蚊を放出するという研究も進めている。

どういうことかというと、人間の血を吸うのはメスの蚊のみと言われているので、遺伝子組み替えされたオスと交配させることによって幼虫を産ませないようにし、蚊の数を減少させるといった対策だ。

ビル・ゲイツ
「マラリアは根絶できる」

572c71bcecefc85f98fa0ae33a117836ec308b02

ビル・ゲイツも、マラリアなどの撲滅を推進するひとりだ。毎年約100万人がマラリアにより亡くなっていて、つねに2億人が苦しみ、そのほとんどが5歳未満の子どもという現実がある。

彼は、2009年の「TED」でも多くの人に訴えかけた。科学者だけで解決できる問題ではなく、様々なバックグラウンドを持った人がこの問題と向き合っていくことが大切だ、と。

たとえば、メディアがもっとマラリアの現実を伝え、社会学者は蚊帳の普及率向上の方法を研究し、数学者は薬や道具による解決策をシミュレートし、製薬会社の専門家も開発に携わり、裕福な国々からは援助を強化する。

このように、誰もがこの問題に対して意識を持つことができるのだ。ゲイツは「マラリアは根絶できる」と、信じて疑わない姿勢を貫く。

F02586e4be77852ec9390dcfa213360dbc8b7973

ひとりが感染したら、世界中の人たちも感染してしまうーー。そんなパンデミックが、ものすごく身近な将来の脅威として描かれているドキュメンタリー。2017年7月6日(木)の21:00〜22:30、ディスカバリーチャンネルアニマルプラネットにて同時放送予定だ。

Photo credit:Discovery Communications
Licensed material used with permission by Discovery Communications
地球上で最も人間を多く殺す、世界一危険な生物として認識されているのが何を隠そう「蚊」なのだ。人間の開発する対策技術も飛躍的に向上するのは必然と言える。ここ...
外務省の報告によれば、2015年1月ブラジルにおけるデング熱の感染者数はサンパウロ州だけで17,612人。前年度とくらべて8倍以上に増加したこともあり、州...
夏の楽しい思い出とともに付いて回るのが「蚊」の存在です。キャンプに行ってもフェスに行っても、なんだか知らないけど、自分ばかり刺される……。そんな人はいませ...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
なぜ蚊が寄ってくるんだろうという疑問への答えを「New York Magazine」の動画が紹介しています。外で遊ぶ機会も増えることだし。なんだかいつも自...
むしむしジメジメの梅雨モード。と同時に急増するのがかゆ〜いアイツ。蚊よけグッズは何を使ってる?昔ながらの蚊取り線香は、夏の風物詩としても◎。キャンドルタイ...
天然成分だけを用いた虫よけグッズが、セレクトショップの結構“いい位置”を占有する。「カラダにも環境にもやさしい」が、もはや単なるトレンドではなく着実に生活...
「なんで私だけこんなに刺されるの?他の皆は全然刺されてないのに!」と思っている人、多いかも。「Mental Floss」の記事によると、実際に約20%の人...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
周りには大勢の人がいるのに、なぜか自分にだけ蚊が近寄ってくる。そんなストレスフルな状況とおさらばできる、画期的なTシャツを紹介。おかげで、これからのキャン...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
虫に刺された後のかゆみを熱と振動で癒してしまうという魔法のようなデバイスが登場。スイッチを入れると、じんわり熱と振動が発生。あ、もちろん熱といってもデリケ...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
ちょっぴり過激な実験動画で知られるJohalさん。彼が今回行った実験のテーマは「お金持ちとホームレスのどっちが正直なのか?」。視覚障がい者のふりをしたJo...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
まさか、コーヒーが蚊取り線香の代わりをするなんて!健康的でシンプルなライフスタイルを提案する「Simple Organic Life」で紹介されたとっても...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...