エスカレートしていく「MOM, I’M FINE」が、世界中で大ウケ

約1年前に紹介し、大きな反響があった男・Jonathan Kubben Quiñonez。仕事を辞めて旅に出た彼は、現在も世界をトラベル中。プラカードやあらゆる方法で、「MOM, I'M FINE(ママ、僕は元気だよ)」と母親に無事を報告する姿は健在だ。

インスタグラムのフォロワー数は、24万人オーバー。すっかり人気者になったJonathanの“その後”をお届けしよう。

「MOM, I'M FINE」が
エスカレート!

もう1年以上旅を続けているのに、彼の表情には、疲れがまったく見えない。それどころか、ハジける笑顔を通じて、この旅を心から楽しんでいることが伝わってくる。同時に母親を心配させない配慮も垣間見れる。

「人生が終わる時、91%の人々が大きな後悔をする。それは、自分が情熱を傾けるものを放棄することさ

その言葉を裏返せば、Jonathanが旅に対していかに情熱を傾けているかが分かるというもの。全身全霊で自分の人生を追い求めているのも理解できる。

「世界の不思議にスポットライトを当てたいんだ。それが、僕のやるべきことだって信じている」

コンタクトをとったところ、「日本へ行くことは夢なんだ」と話してくれたJonathan。「MOM, I'M FINE」のプラカードを持った彼の姿を直に見られる日も、そう遠くはないのかもしれない。

Licensed material used with permission by MOM, I'M FINE
仕事をやめて世界を回る!もう珍しい話ではないかもしれませんが、Jonathan Kubben Quiñonezはその典型。ただし、彼の旅にはひとつだけ一貫...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
人生のパートナーを選ぶ基準はなんでしょうか?今回紹介するのは、NY育ちの男性ライターが「Elite Daily」で記した、いい母親になる女性の条件。え?パ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
正式には「ウイングスーツ」と呼ばれている、とても危険度の高いエクストリームスポーツ用の装備がコレ。スカイダイビングのように上空からジャンプするが、ムササビ...
ある日、横断歩道を渡ろうと信号待ちをしていたGuido Gutierrez Ruizさんは、足元にある水たまりに目を留めました。するとそこには、空の雲が映...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
ノマドワーカーと一口にいってもイメージは様々だ。中にはPCから離れられない!なんて悩みもありそうだが、彼の場合は飛び抜けている。米・メディア「Elite ...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
小野美由紀さんはカナダの大学への留学後、沢木耕太郎さんの自伝小説「深夜特急」に憧れて沿って世界一周に出ました。小野さんの「深夜特急」との出会い、そして旅に...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
毎日の生活の中で、事前に下調べをしたり、他者の意見を取り入れておくだけで、後々発生しそうな「面倒くささ」を回避することができます。そうすることで、無駄なく...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...