ルームメイトと「ギクシャク」しない5つの方法

「もしもあなたが家族と離れて暮らしているなら、ルームメイトは最も大切な存在かもしれませんね」

そう語る「I Heart Intelligence」のBarbara Danaさん。

日本でもシェアハウスが当たり前の選択肢としてあがるようになり、実際、ルームメイトが家族のような存在になることもあるでしょう。

一方で、そんな最高のルームメイトばかりではないかもしれません。私の友人のひとりは、お互いが境界線を作り、ひどい関係性になったそうです…。どんな人とルームメイトになるかわからないからこそ、この5つのポイントを抑えておきたいところ。

01.
「親友かどうか」は
あまり重要じゃない

54f36c0c34137c859ded2c92cc768244426c531d

良いルームメイトになる条件は、必ずしもお互いが相手に対して好意を持つことではありません。実際、親友だったのに一緒に住んでみたら、仲が悪くなったということも起こり得るのです。

もし、親友とシェアハウスをしようとしているのであれば、チェックしておくべきことがいくつかあります。どれくらいパーティーが好きなのか、綺麗好きかそうでないのか、金銭感覚は同じくらいなのか…。

そのような違いが友情を壊してしまう可能性があるなら、まったく見知らない人と一緒に住むほうがいいかもしれません。

02.
面倒でも
ルールは先に決めておく

トラブルのほとんどは、考え方の違いから生まれます。ルームメイトは、育った環境があなたとはまったく違うかもしれません。あなたの常識は、相手の非常識かもしれません。どんなに些細なことでも一度確認しておいて損はないでしょう。

たとえば、どこで寝たいのか。アルコールは好きか。いつも何時間に寝るのか、何時に起きるのか。洗い物は分担するのか。食料品は共用するのか。

今書き出した以外にも、たくさんのすり合わせるべきことがあります。それをなるべく早い段階で解決しておくことは、のちのち揉める可能性を減らすことにもつながっているのです。

03.
分担を
「あいまい」にしない

624968f0256cbed3b6c48c2bd96f82c9776deb94

「家事をやりたい」と、心から願っている人はほとんどいません。しかし、生活をする上で、決して逃れられないものでもあります。ひとり暮らしであればすべてを自分ですると割り切れるかもしれませんが、シェアハウスになった途端に誰が何をするのかという線引きがあいまいになります。

分担は、なるべく早い段階で決めておくこと。誰がどの家事をするのか。さらにそれだけではなく、どのレベルまで綺麗にするのか。できるだけ具体的に決めておくことがオススメです。

04.
イライラしたときは
相手の立場になってみる

ルームメイトも、ひとりの人間だということを忘れないでください。そして、ルームメイトを知ろうと努力してみてください。よりお互いに共感し、理解を深めることができれば無駄な争いを避けることにもつながります。

もし、ルームメイトから何か言われたときは、言い返す前に一度冷静になって相手の視点から物事を見てみましょう。相手はどんな気持ちであなたにそのことを伝えていますか? もし逆の立場だったら、どう対処しますか?

相手のことをすべて理解することは難しいかもしれません。しかし、少し歩み寄ってみるだけでも関係性はより良いものになっていくでしょう。

05.
言葉を選んで
かげ口は言わない

1c16b314d5cfdce4a4b9fc52eb838dd211c275fb

ルームメイトについて誰かに話すときは、しっかり言葉を選ぶこと。

あなたの発言は巡り巡って、きっとルームメイトの耳に入ります。勘違いされるような発言は、極力避けたほうがいいでしょう。一緒に生活する人として、時にはあなたの不満を伝えるべきではあります。

でも、お互いのことを思いやりつつ過ごすことも重要です。

ゲーテはこう言います。

「互いに無関心で合わないと思っていても、しばらく一緒に住んでみると信頼関係が生まれ、ある種の親密さが生まれます」

普通に生活していたら出会うことがなかったかもしれない人。そんなルームメイトが、あなたの一生の友だちなるかもしれないんですから。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
家族や恋人、友人たちが盛り上がっているときに、自分だけテンションが低いまま。そのせいで「冷めてるね」とよく言われるけれど、本当はそんな冷めた性格、直したい...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...