ジュネーヴ条約をもとに「連帯責任」に意見した少女にあっぱれ!

「娘が学校のアンケートにこんなことを書いているんだけど、叱るべきなのか、ごほうびにアイスを買ってあげるべきなのか分からない…」

そんなお父さんのコメントに添えてアップされた、11歳のAvaちゃんが書いたアンケート。

「先生、これは戦争犯罪です」

「先生に改善して欲しいと思うこと」という欄にAvaちゃんが書いたのは、こんな内容。

「何もしていないたくさんの人を罰する連帯責任は、フェアじゃないのでやめてください。1949年のジュネーヴ条約に照らせば、これは戦争犯罪です」

とても11歳とは思えない…というより、学校のアンケートの回答とは思えない内容ですが、一体どういうことなんでしょうか?

ジュネーヴ条約第33条に
書いてあるのは…

ジュネーヴ条約は、簡単に言えば「戦争であってもやってはいけない非人道的なこと」を定めた条約です。凄惨を極めた第二次世界大戦への反省から、戦後に制定されました。

これは段階的に整備された4つの条約からなるのですが、1949年に制定された第四条には以下のような記述があります。

第三十三条〔集団罰禁止〕被保護者は、自己が行わない違反行為のために罰せられることはない。集団に科する罰及びすべての脅迫又は恐かつによる措置は、禁止する。

つまり「連帯責任で罰を与えることを禁止する」ということです。彼女はこの条項を持ち出して、何もやっていないのに罰せられる理不尽さに反論したのでした。

ごほうびはアイス

お父さんは補足として、次のようなツイートもしています。

「明言しておきたいのは、彼女は先生が大好きだということ。彼女は単に、教育において正義を実行するシステムについて別の視点を提案したかったんだ」

教育の場では、きちんとしかるべきルールを整備する必要があるでしょう。そのことをジュネーヴ条約という実際の条約を根拠に指摘できた、その知識も視点も大人顔負けです。

さて、お父さんが悩んでいた「褒めるべきか叱るべきか」という問題の答えですが…。

この写真を見れば、一目瞭然ですね。ごほうびにアイスクリームを買ってもらったAvaちゃんの誇らしげな表情!

Licensed material used with permission by Mason Cross
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
丸っこくてかわいいオーストラリアの動物「ウォンバット」。このたび同国では、そんな彼らを抱っこする責任者を募っているようです。どんな動物かわからない?では、...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
「キャンプカウンセラー」っていう言葉を聞いたことがありますか?これは、子どもたちと一緒に教育目的のキャンプを行う活動のことで、学生のボランティアのひとつと...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
この「Jubilee Project」の動画は、計4組の子ども・シニアのペアが、Google検索数の多い4人について、どういう人物かを答えるというもの。突...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...