サーバーの余剰熱を使って「お風呂」。そんな未来も遠くなさそう(オランダ)

夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。

せっかく熱が出ているのだから、何かに利用できないのか? ということで「この熱をつかって、家庭のお湯を沸かそう」と考えた企業がありました。

オランダ発
一石三鳥なエコ発明

216dc46075bcc2c6201a95edb3bced7dff5b7276

サーバーの排熱を利用した家庭用ヒーターシステムを考案したのは、オランダの「Nerdalize」という企業。

6438dd4e29c3ad3010a9a18e7201eb62d6b7d40d

家庭用のパソコンですら、長時間使っていると部屋の温度を上昇させるくらいの余剰熱を感じます。これまでも、何万台ものデータサーバーを稼働させるデータセンターは、その余剰熱を発散するためにいろいろな方法を考えてきました。

大規模なものだと、北極近くの施設で潜水艦を使って冷却する方法さえあるそうなのですが、これはさすがに自然環境に負担がかかりすぎ。そう考えた彼らは、各家庭で余剰熱をヒーターとして再利用するサービスを開始したのです。

余情熱が
「湯沸かし」になる!?

71d710f270c36093a3ff136cb05c764c10fd7a67

通常、サーバーは1箇所のサーバールームに集められるのですが、「Nerdalize」はそれを分散させ、ケースに入れて各家庭に設置する方法をとっているそう。

1台のサーバーから発せられる余剰熱を、約1,000wのヒーターとして利用することができ、これはよくある家庭用ヒーターほどの熱量に相当します。

サーバーを設置するのに、初期費用として400〜500ユーロ(5〜6万円ほど)が必要になりますが、その後の使用料はずっと無料。年間にすると、約300ユーロ(約3万5,000円)の電気代を節約することができる見込みなのだとか。

7156d8ebd0397ae290bac9310fa6ad27a1b290f7

一般家庭にサーバーを置く危険性や緊急時の対応など、まだまだ解決すべき問題は残っていますが、「Nerdalize」は調整を重ね、今年の8月には湯沸かしシステムとしてオランダの42世帯にサーバーを設置する予定。

企業にとっても一般家庭にとっても環境に優しい「一石三鳥」のアイデア。オランダから世界に広がっていくかどうか、楽しみです。

Licensed material used with permission by Nerdalize
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
やっぱり世界は広い!こう思う以外、解釈しようがない話題を。なんとオランダでは、自動車教習の代金を“カラダ”で支払うことができる、らしいのです。はたして、こ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...