0112:メイン州の「ナチュラルなお香」で、どこでもキャンプ気分に。

森林の豊かなアメリカのメイン州発〈Paine Products〉のお香は、はっきり言って万人にウケるものじゃありません。でも、ハマる人はハマるはず。では、どういう人がハマるのか? 多分、キャンプとか焚き火が好きな人だと思います。

HPによると〈Paine Products〉のお香は、100%バルサム(樹木から出る粘り気のある液体)から作られているそう。化学物質もオイルも一切ナシ。

それだけにフレグランス的な“いい香り”を期待すると肩透かしをくらいます。

木をそのまま焚いたような香り。それこそ焚き火の香りから煙たさを抜いたような感じです。香りのバリエーションは、そのまま樹木のバリエーションとなっています。

主にキャンプなどに持っていって自然の中で楽しんでいますが、反対に自宅で使うっていうのもアリです。テーブルの上で燃すと、ちょっとしたアウトドア気分に。エクステリアをインテリア使いするのが流行っていますが、あのノリですね。

あと香りとは関係ないんですが、パッケージデザインも素敵だと思いませんか?

日本でも販売しているショップがいくつかあるみたいなので、気になる人は、「Paine Products お香」で検索を!

96d27ed4de662333f416b9ca0c3bdb62dea7383d52b3eb0a13b865b6871b4aac3be878c0c0e8b58f4e21af20ae53e1e0a84a385d4d4e48a2d10c3c27B93adb21eb3812f738d2174372c8b879f7a8ee5254ce21881b7af33a8bd8142060b717d6db114ebf6c6e9c59f101025f3061884f49fcd7eebefafbd8

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈フライング タイガー コペンハーゲン〉が好きです。かわいいアイテム群は、どちらかというと女性向けのイメージかもしれませんが、旅行やアウトドアといったアク...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
ピクニックやキャンプシーンにおいて、レジャーシートのチョイスは超重要だと思ってます。どれだけお気に入りのウェアを身に着けていようと、どんなに洒落たグラスや...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
マッチを擦るように火をつけて、立ちのぼる自然の香りに身をゆだねる。ここで紹介する「hibi」は、着火具がなくても手軽に使えるお香スティックです。「hibi...
写真は、先日TABI LABOメンバー全員参加の合宿(と称したキャンプ)でつくったピザ。見たまんまの真っ黒を生み出しているのはイカスミです。ドラム缶でつく...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
レインコートってずっと持ってなかったんですが、これは気に入りました。透湿、防水、撥水と三拍子そろった素材。ダブルZIPにサイドスリットと、動きやすさもバッ...
都会を離れて自然の中で料理をしたり、川遊びを楽しむキャンプは夏の楽しみ。でも、いざキャンプをしたいと思った時に、道具を一式持っている人は少ないかもしれない...
岡山県の海沿いの街に暮らしている私たちの家族は、よくビーチに出かけます。でも、ビーチで使う敷物でなかなか気にいるものがなくって、自分がディレクションを担当...
地上200メートルのビルでキャンプができるようになるーー。そんなわくわくするコンセプトが発表されました。環境に応じて中の温度を調節してくれる、セイルボート...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
僕は常日頃から“もっとみんなメガネストラップを使えばいいのに!”と思っています。それぐらい便利。例えば、フェスやキャンプなど、アウトドアでサングラスをかけ...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...