現代社会のすべての闇がつまった映画『ぼくらの亡命』

ホームレス、売春、恐喝、アルコール中毒、窃盗、傷害、詐欺、嘘、裏切り…。この映画は、現代におけるすべての闇の要素で構成されている。

主人公は、引きこもりのホームレスの男と、美人局(つつもたせ)をやらされた末に男に捨てられた女だ。その設定は身も蓋もない。間違っても希望はない。ただそこには、深い絶望しか存在しない。

しかし、何故か、最後までのめり込むように観てしまった。

あまりにもリアリティが
ありすぎるキャスト

F6735aa7b967920a4c0b1063b30637a8b3ea5d6a78d5117755d9656195e873bc7bb45b3e2133b102

ホームレスの男を演じたのは、本作が初主演となる須森隆文。特異な風貌は、本物のホームレスにしか見えない。須森は、役作りのために1年間、シャンプーをしなかったとのことだ。さらに、数ヶ月間は、シャワーさえ浴びなかったほどの入れ込みだったようだ。

対して、美人局をやらされる役どころを演じたのは櫻井亜衣。彼女自身も、本作が初主演となる。階段を転がるように堕落していくという役柄なのだが、シーンよっては、ほぼノーメイク。しかも、基礎化粧品さえ使わなかったという徹底ぶりだったとのこと。

あまりにもリアリティがありすぎるキャスティングは、一瞬、ドキュメンタリーにも思えるほど。

人間が狂っていく過程が
赤裸々に描写

9f11aec41e710f04f89e575789ec5aad44cbab9eCb877c8327c3fbd4cc1905e979efaf5c89430062

主人公の男女を繋ぎ止めるのは、歪みきった愛。1度は、亡命という名の逃避行で結託するのだが、やがて、愛は狂気へと変化していく。詳しいストーリーは、ネタバレになるので控えるが、2人の歯車が狂い、どちらの精神もが蝕まれていく赤裸々な描写には息を飲んでしまった。

この映画のテーマとなっている「他者への依存」は薬物のようなものではないだろうか。依存が過ぎると、中毒になってそのループから抜け出せなくなってしまうからだ。そして、自分自身のアイデンティティーを失い、人生を他人任せにしている限り、生きている意味などないのかもしれない。

同時に、愛について深く考えさせられてしまった。時に愛というものは、人を狂わせる凶器にもなるのだと。

『ぼくらの亡命』
2017年6月24日(土)より渋谷ユーロスペース都内独占ロードショー ほか順次全国公開。公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by ぼくらの亡命
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、本日11月14日(土)に公開となった。「すべての問...
もともと他人だった2人が出会い、新しい関係を築いて、幸せに共にするというのは並大抵の努力ではできないことです。「Elite Daily」に寄稿している弁護...
『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
「Inc Magazine」でコラムを連載し、「Quora」のトップライターとしても活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...