次のキャリアを考えるべき「4つのタイミング」

新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリアを模索するのは、このご時世では自然なことではないでしょうか。

とはいえ、何かキッカケがない限りは、行動に移せないのも事実。「Elite Daily」のこの記事がヒントになるかもしれません。個人的には、04.の項目こそがこれ以上ない決定打になり得る気がしました。

91dbc32016a6e75558593850971c9c12c75c7419

私(ライターMakeda Waterman)が思うに、社会に出てからは自宅で過ごす時間よりも、職場にいる時間のほうが長くなる。となれば、キャリアアップを実現するために選択をするのも当然のこと。

仕事が終わるまでの時間を数えたり、他の職業につく自分を思い描く時間が増えているなら、あなたにもきっとこの4つのサインが当てはまっているはず。

01.
努力を全く評価してもらえない

5b7950838a5e2d1c5d844d22bd54f89028cc5d12

あなたが何倍もの時間をこの仕事に費やしてきたというのに、あっという間に入ってきたばかりの人たちに先を越されてしまう。自分の努力とは裏腹に、的確な評価をしてもらえないなら、環境を変えるべきタミングなのかもしれない。

もしあなたが今ジャーナリズムの学位を持って、ニュースライターとして働いているとしたら、経験を積んだその履歴書を全く新しい立場で生かすこともできる。あなたがもっと情熱を持って仕事できる場所は、違う世界にあるのかも。

02.
昇格させてくれない

異動希望や昇格の希望を伝えても、その思いが届くことはずっとない。もう5年以上も働いているのに、そんな状況が続いているとしたら、組織とあなたの価値観を考え直すべき。

5年のキャリアを積んだなら、クオリティを高く保ったまま、出来ることの幅を横に広げていくアクションが必要になってくる。会社を批判するのは簡単だけれど、社会的には、組織をマネジメントしていくスキルも求められる時期に入ってくるのだから。

03.
正社員じゃないのにいつも残業している

Db545c41f9f0311dd70bf694177ca7b1ccd186ed

もしあなたがパートタイムの契約のはずなのに、フルタイムで働いてしまっているのなら、それに値するお給料をきちんともらっているのか、厳しくチェックする必要がある。そしてその時間は、自分自身を幸せにしている?もしも答えが「NO」なら、あなたの能力を無駄にしてしまう時間を、これ以上過ごさない方がいい。

04.
功績を残しても、達成感が得られない

この会社で成長して功績を残したとしても、どこか満足感がない。物足りなさを感じるのは、あなたの能力がステップアップした場所でも通用するほどのレベルに達したということ。それは祝うべき成長なのだから、あなたの情熱が溢れる次の場所を探してみて。

あなたの描きたい未来のために進むことは、誰にも奪うことのできない権利なのだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
「自分の好きなことを仕事にできたら、どれだけ幸せだろう?」きっと、ほとんどの人が一度はそう思ったことがあるはずです。でも、実際に一歩を踏み出す人は、決して...
共通の趣味をきっかけに発展する友情や恋愛が多いなか、まったく違う背景を持つ相手をパートナーにオススメするのは、「Elite Daily」の女性ライター、K...
この記事をひと言で要約するならば、「正しいお金の使い道」。お金は使い方ひとつで価値が何倍にも膨らむものだと、ライターJill Pohl氏は、心理学者の研究...
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
ママ向けの育児用品はたくさんありますが、パパがより育児に参加しやすくなるような「男性向け育児用品」はほとんどありません。そこで、ファッション業界のスペシャ...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
就職したばかりのときは、慣れるのに精一杯で、時間が経つのがあっという間。ようやく落ち着いて、周りを見る余裕が出てきたら、なんだか「自分はこのままでいいのか...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
小学生の頃は、運動神経のいい男子がモテる、中学生の頃は、面白い男子や不良っぽい男子がモテる、高校生の頃は、純粋に「カッコいい」男子がモテる、などといわれて...