嫉妬や色欲。「やっかいな欲求」の正しい抑え方

キリスト教の「七つの大罪」を知っているでしょうか?人の根本にある欲望や感情を表していて、これを抑えこむことができないと、人は罪に導かれうるとされています。

しかし大事なのは、「大罪」とどう向き合い、何を学ぶか。そして罪に苛まれる人を、どのように支えるかということかもしれません。「The School of Life」の動画から、そのヒントを見つけてみましょう。

01.
傲慢

4573cb11df3bd1181bb61d75da3f6a053fb94c80

自信と誇りにあふれて、それをひけらかすような態度をとっている人は、一見、自分自身に満足しているように見えます。しかし実際そういう人たちは、「何か特別なことを成し遂げなければ自分は存在してはいけない」という強迫観念を抱えていることが多いです。

つまり自分の存在に自信がないから、その裏返しで過剰に自分を大きく見せようとしているのです。そんなことをせずとも、ありのままの自分に自信を持てるように、周囲の人が声をかけてあげることが必要です。

02.
嫉妬

2bbf0c7da6c4ec378979102dbcfb0226c76c0778

嫉妬は元をたどれば、野心と謙虚な姿勢から生まれる感情だと言えます。自分自身に足りないものがあると自覚し、それを補おうとするあり方です。しかし他人に羨望するがあまり、冷静さを欠いて感情的になってしまうと、冷静な判断ができなくなり、その感情はマイナスなものとなります。

だからこそ、私たちが嫉妬の感情に苛まれたときは、相手にネガティブな感情を抱くのではなくて、自分の方向性を見定め、目標を達成するために何が必要かを理解することが必要です。

03.
憤怒

246a74c5bcf82760fc804e4c45a57c7ec9f26374

私たちが抱く怒りの感情自体には、ほとんど意味がないと言って良いでしょう。怒りはパニックと恐怖心から生まれるものです。

何かに強い憤りを感じたときに必要なのは、その根底にある恐怖に気付くこと。人は脆い生き物なので、怒りにまかせて感情を爆発させてしまいがちです。だから、まずは怒りの背景にある事情を冷静に見極めて、正しく理解することが大切です。

04.
暴食

D504f50cf470b094988407bd341496c1125b102d

暴食を繰り返してしまう人は、肉体的に飢えを感じているのではなく、実は愛情に飢えています。感情の満たされなさを、食欲を満たすことで補おうとしているのです。

そのため、暴食を解決するのに必要なのは適切なダイエット方法ではなく、優しさや愛情、誰かとの親密な関係性など、心を満たす何かであると言えるでしょう。過食は、私たちの精神的な栄養失調を象徴しているのです。

05.
色欲

6089c32350e6d44673eeae0da9a2edf00f3d9950

誰かと性的な関係を結ぶことは、自分が誰かに受け入れられていると感じるのに最適な行為。性的な欲望を強く持つ人の心には常に孤独があり、エロティシズムが過剰であればあるほど、そこに強い愛情があると錯覚してしまいます。

性欲は生物として生まれてきた以上、誰もが持っている大切な欲望です。だからこそ、厄介で複雑なこの感情を、私たちは正しく理解して扱う必要があります。

06.
怠惰

Baac32ece962266b3820bc2e3923c9804533d681

怠惰というのは本当に恐ろしい感情です。これに負けてしまうと、侮辱されたり、仕事が進まなかったり、成功するチャンスを逃してしまったりもします。

まだ準備ができていない。もしかしたら誰かに笑われるかもしれない。失敗が怖い。こういう感情が、怠惰の裏には存在するかもしれません。しかし、「何もしていない」ということが一番の恐怖で絶望的な状況であるということに気付いて、動き始めなければなりません。

07.
貪欲

E3ae2fa0a0b098c185d4e2ddfdfaed09879a82cf

与えられたもの以上を欲する心は、貧しい感情から生まれるものです。周りの人と比べて不安が募り、その焦りからなるべく多くのものを自分の懐に入れようと必死になります。

その不安感を取り除き、自分の手の中にあるものを今一度しっかり見つめ直すことが大切です。

私たちの持つ「罪」は悪とは異なり、満たされない心の裏返しとして出てくる感情だと言えます。恐れることなく自分の弱さと向き合い、自分が必要としているものを見極めるようにしましょう。

そして罪に苛まれる人に対しては批判の目を向けるのではなく、愛情を持って温かい支援をし、その人が本当に必要としているものを突き止めてあげましょう。

Licensed material used with permission by The School of Life
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
「あなたの夢は何ですか?」 ライターMark Manson氏によると、このありふれた質問には「ある重要な視点」が欠落しているのだそう。フォーカスすべきは、...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
これから登場するのは、21の質問です。どうぞ正直な心で、それぞれの問いに答えてみてください。自分でも気づいていない心の声に耳を傾けるきっかけに。01.毎週...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...