カリフォルニアには、極上の「青」がある。

僕は旅好きなサーファー。ですが、まだカリフォルニアには行ったことがないんです。

独特すぎるカルチャーがあるし、ローカルに受け入れられるか心配で。どこに行くにしても、旅行の前はいつも不安になってしまうタイプです。

でもこの写真を見た時、素直に「行ってもいいかな」と思えました。そんな場所がカリフォルニアなのかもしれません。

109a112bc34607c80422273ae9c8ad9080776f33D3f6927dd03c7c217f6570c5e94e89b1cf0e371082cc6b7a26bc62c02e7fc16b75591e6b100d7c4502abe179b0e371de59195d3696cecce952df38711d3a9bd265ed68080894a47fce47ac687218b8ccE9f01d78441f6c5fba83ef2edaa97a7cd1cec7859870ae2c8328726d1c722f3c3ac3e32c0bc4a7b57896204fce0bfb161699e2c0d0b3524a23f3ffeaD8c7a58413608b894904b633ef59f60cfb0c1c564d4f456f163020c5cd9ba6b367a944aa59332a3333bf58be0c488ab4bd5840f45f1804f04b2db7727dbe99d02a8f8cc6e78ad5f0c0a5facc1508901fDb7bc87f6cc638575609c975028ec98b6c03f026088c704b2820fe0bd0f942062a3d2924e1ed00567796a24b7ee7b13450f1c39e3fdedd9a0f1791bd

『CALIFORNIA』と名付けられたこの写真集はランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによるもの。

ニューヨークやシドニー、パリなど世界中での展覧会はもちろん、「SONY World Photography Awards」などフォトコンテストの受賞歴も。見た人が感情を揺さぶられたり、何かを発見したいと思ったり、旅に出たくなるような写真を撮ることを心がけているそう。

ちなみにカリフォルニアのベストシーズンは4月〜10月。フライト時間は9時間半ほど。

夏の予定がない方、まだ間に合います。 

Camera:Canon 5 DS R , Canon EF 24-70 mm
Licensed material used with permission by Ludwig Favre, (Instagram)
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
Al(エル)とMineca(ミネカ)は、カルフォルニアの北部に住んでいる老夫婦。エルはもうすぐ80歳で、北部に移る前は都市部で働くサラリーマンだった。ミネ...
写真はニュージーランド北島にある町パーマストン・ノースで撮影されたもの。よ〜く見て欲しい。駐車場の奥建物の屋根の向こうに出現したBIG WAVE。いったい...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...